1. トップ
  2. イベント・セミナー
  3. 障がいのあるなしに関わらず共に学ぶ「ワークショップ」8月開催

2019年7月24日

障がいのあるなしに関わらず共に学ぶ「ワークショップ」8月開催

ソニーの体験型科学館「ソニー・エクスプローラサイエンス」は、障がいのあるなしに関わらず、共に学ぶ「インクルージョン・ワークショップ」を、8月24日に開催する。

0724-snこのワークショップでは、音の伝わるしくみを楽しく学ぶ「ペットボトルと牛乳パックでつくるヘッドホン」を実施。

音について、基本的なことを学びながら、家庭にあるペットボトルや牛乳パックなどの材料を利用して、ヘッドホンを作る。

同ワークショップを主催する「ソニー・太陽」は、全社員の約70%を障がいのある社員が占めるソニーの特例子会社。障がい者の自律を目指し積極的な雇用を進め、ソニーの製造事業所の一つとしてエレクトロニクス製品の生産や修理サービスなどを行っている。

今回のワークショップは、障がいのあるなしに関係なく、ものづくりの楽しさや興味を深め、ダイバーシティ&インクルージョンを体験することで、相互理解を深めてもらうという、「ソニー・太陽」の特色を生かしたプログラム。

開催概要

開催日時:8月24日(土)13:30~15:30(2時間)、受付開始13時~
開催会場:ソニー・エクスプローラサイエンス内「サイエンスシアター/Science Theater」[東京都港区台場1-7-1アクアシティお台場5F]
参加対象:小学3年~中学3年生の生徒
参加定員:24人(障がいのある人も参加OK)
参加費用:無料(別途、入場料が必要)
持ち物:材料となる牛乳パック(1000ml)1本を持参
応募締切り:8月7日(水)、応募者多数の場合は抽選とし、8月9日(金)までに当落選通知のメールを送信

詳細・申込

関連URL

ソニー・エクスプローラサイエンス

AI x アダプティブラーニング 低負荷で個別最適の学びを実現 すらら 活用事例はこちら
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
GIGAスクール構想 標準仕様書スペックに対応したタブレット端末が登場 Sky安心GIGAタブレット Windows10 Office 365搭載 Sky
小学校の1人1台学習をサポートする 非営利型一般社団法人 Just-learning

アーカイブ

  • 「GIGAスクール構想」に最適なアクセスポイントとは? 成功のカギは、Wi-Fiから FURUNO SYSTEMS
  • 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 みらいスクールステーション 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス