1. トップ
  2. STEM・プログラミング
  3. ソニーの体験型科学館で共に学ぶ「インクルージョン・ワークショップ」

2016年8月25日

ソニーの体験型科学館で共に学ぶ「インクルージョン・ワークショップ」

ソニーの体験型科学館「ソニー・エクスプローラサイエンス」は、ソニー・太陽主催による「インクルージョン・ワークショップ」、音の伝わるしくみを楽しく学ぶ 『ペットボトルと牛乳パックでつくるヘッドホン』を9月25日に開催する。

イヤホンやヘッドホンは、どうして音が鳴るのか。音について、基本的なことを学びながら、家庭から出るペットボトルや牛乳パックなどの材料を利用して、ヘッドホンを作ってみる。自分で作ったヘッドホンは持ち帰えることができる。

今回ワークショップを主催するソニー・太陽は、全社員の約70パーセントを障がいのある社員が占めるソニーの特例子会社。障がい者の自律を目指し積極的な雇用を進めるとともに、ソニーの製造事業所の一つとしてエレクトロニクス製品の生産や修理サービスなどを行っている。

今回のワークショップは、障がいのあるなしに関係なく、ものづくりの楽しさや興味を深め、ダイバーシティ&インクルージョンを体験することにより、相互理解を深めてもらうという、ソニー・太陽の特色を生かしたプログラム。

障がいのあるスタッフも指導にあたるので、障がいのある人もない人も、積極的に参加して欲しいとしている。

概要

開催日時:2016年9月25日(日) 13:30~15:30(2時間) (13時受付開始
参加対象:小学3年生~中学3年生の生徒(障がいのある子どもの年齢については、上記以外でもご相談に応じる。申し込み時に応募フォームへ詳細を記入する)
定員:24名
参加費用:無料(別途入場料が必要。障がい者手帳保有者と付き添いの1名は入館無料)
応募締切:2016年9月7日(水)
当選発表:応募者多数の場合は、9月9日(金)までに当・落選のメールを送付。

詳細・申込

関連URL

ソニー・エクスプローラサイエンス

ソニー・太陽

AI x アダプティブラーニング 低負荷で個別最適の学びを実現 すらら 活用事例はこちら
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
期間限定ウェビナー 無料配信中 児童生徒用端末の運用と活用のポイント GIGAスクール構想 1人1台端末を効果的に活用するには? Sky
子どもが「主役」の学びを実現するデジタル教材プラットフォーム デジタルドリル+学び合いツール “自分”で学ぶ 学びを“支える” “一緒”に学ぶ navima(ナビマ) 詳細はこちら
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • 「Chromebook」&「G Suite for Education」を活用するための学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 学校の働き方改革 先生の業務負担軽減 ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス