1. トップ
  2. STEM・プログラミング
  3. ソニーの体験型科学館で共に学ぶ「インクルージョン・ワークショップ」

2016年8月25日

ソニーの体験型科学館で共に学ぶ「インクルージョン・ワークショップ」

ソニーの体験型科学館「ソニー・エクスプローラサイエンス」は、ソニー・太陽主催による「インクルージョン・ワークショップ」、音の伝わるしくみを楽しく学ぶ 『ペットボトルと牛乳パックでつくるヘッドホン』を9月25日に開催する。

イヤホンやヘッドホンは、どうして音が鳴るのか。音について、基本的なことを学びながら、家庭から出るペットボトルや牛乳パックなどの材料を利用して、ヘッドホンを作ってみる。自分で作ったヘッドホンは持ち帰えることができる。

今回ワークショップを主催するソニー・太陽は、全社員の約70パーセントを障がいのある社員が占めるソニーの特例子会社。障がい者の自律を目指し積極的な雇用を進めるとともに、ソニーの製造事業所の一つとしてエレクトロニクス製品の生産や修理サービスなどを行っている。

今回のワークショップは、障がいのあるなしに関係なく、ものづくりの楽しさや興味を深め、ダイバーシティ&インクルージョンを体験することにより、相互理解を深めてもらうという、ソニー・太陽の特色を生かしたプログラム。

障がいのあるスタッフも指導にあたるので、障がいのある人もない人も、積極的に参加して欲しいとしている。

概要

開催日時:2016年9月25日(日) 13:30~15:30(2時間) (13時受付開始
参加対象:小学3年生~中学3年生の生徒(障がいのある子どもの年齢については、上記以外でもご相談に応じる。申し込み時に応募フォームへ詳細を記入する)
定員:24名
参加費用:無料(別途入場料が必要。障がい者手帳保有者と付き添いの1名は入館無料)
応募締切:2016年9月7日(水)
当選発表:応募者多数の場合は、9月9日(金)までに当・落選のメールを送付。

詳細・申込

関連URL

ソニー・エクスプローラサイエンス

ソニー・太陽

iPadの管理をもっと簡単に! 世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイス管理に携わっています。 jamf
教育改革を見据え ICT×紙で行う新しい授業実践 授業への参加意欲があがった Classi NOTE
子ども向けプログラミング学習サービス ライセンス販売 出張講座・共催 ユーバー株式会社

アーカイブ

  • みらいスクールステーション 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • すらら×オーダーメイドの学び
  • お試し無料! 小学生向け 漢字・計算 クラウド型デジタル教材 CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス