1. トップ
  2. 学校・団体
  3. 小田急百貨店×HAL東京×東京通信大、小学生向けプログラミング講座を開催

2019年8月5日

小田急百貨店×HAL東京×東京通信大、小学生向けプログラミング講座を開催

専門学校HAL東京と東京通信大学は、小田急百貨店との産学連携の一環として開催した「小学生向けプログラミング特別講座」の模様を、2日に公表した。

0805-halこのイベントは、小田急百貨店新宿店主催「ODAKYUの夏休み」内のプログラムとして、小学校1~6年生を対象に、7月28日にHAL東京総合校舎コクーンタワー(東京・新宿)で実施。

当日は、午前と午後の特別講座に、小学生とその保護者合計40組が参加。また、HAL東京のIT学部在校生や、WEBデザイナーとして活躍する卒業生も「先生」として参加した。

実習に入る前に、まずは「プログラミング」の考え方について説明。聞いたことはあるけれど、イメージのつきにくいプログラミングの世界を「おでん」を調理する過程に例えて解説。身近なものを例に、「アルゴリズム」と呼ばれるプログラムの基本的な考え方に触れた。

次に、HAL東京の学生が制作したWEBアプリを体験。低学年でも楽しく体験できるアプリで、簡単なPCの操作を学んだ。実際のサービスさながらのクオリティに、参加した保護者も感心した様子だったという。

プログラミング実習では、ゲーム感覚でプログラミングの基礎を学べるツールを使って、各ステージをクリアするための簡単な命令を作成。

最初は戸惑っていた小学生たちも、ステージが進むにつれて自分なりに考えながらクリアしていく様子が印象的だったという。

関連URL

日本教育財団

HAL東京

東京通信大学

ICTを苦手の可視化とボトムアップに活用 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
期間限定ウェビナー 無料配信中 自動生徒用端末の運用と活用のポイント GIGAスクール構想 1人1台端末を効果的に活用するには? Sky
子どもが「主役」の学びを実現するデジタル教材プラットフォーム デジタルドリル+学び合いツール “自分”で学ぶ 学びを“支える” “一緒”に学ぶ navima(ナビマ) 詳細はこちら
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • 「Chromebook」&「G Suite for Education」を活用するための学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 学校の働き方改革 先生の業務負担軽減 ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス