1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. マテル、イモムシ型プログラミング知育玩具がリニューアルして新登場

2019年8月21日

マテル、イモムシ型プログラミング知育玩具がリニューアルして新登場

マテル・インターナショナルは、フィッシャープライスブランドでイモムシ型のプログラミング知育玩具「コード・A・ピラーツイスト」を8月中旬から発売する。

「コード・A・ピラーツイスト」は、2016年9月に日本で発売されたイモムシ型のプログラミング知育玩具「コード・A・ピラー」をより使いやすくリニューアルした新商品。イモムシの5つの胴体には、「前進」「右折」「左折」「しゃべる」などの8種類のコードが4つずつ搭載されており、ダイヤルを回すことでイモムシ型ロボットをどのように動かすかのプログラムを指定することができる。ボタンを押すとライトアップし、指定された順番通りにイモムシが自走する。

どのように指示すればイモムシをイメージ通りに動かせるのか、1000通り以上の動かし方の中から試行錯誤して考えることにより、プログラミング的思考の基本となる、計画し準備する手順を学ぶことができ、子どもの問題解決能力を伸ばしたり想像力を育んだりすることをサポートする。

同社は2017年から静岡大学教育学部の塩田真吾准教授と「コード・A・ピラー」を活用した共同研究を実施し、2018年には、プログラミング指導の教員不足や教材不足を解決するための教育パッケージの提供を始めており、現在も、「コード・A・ピラーツイスト」を使った教育パッケージの開発に向けて共同研究を行っている。

対象は3歳以上。希望小売価格は5000円(税別)。

関連URL

コード・A・ピラーツイスト

小学校でもICTへの備え 双方向の指導を実現 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
期間限定ウェビナー 無料配信中 児童生徒用端末の運用と活用のポイント GIGAスクール構想 1人1台端末を効果的に活用するには? Sky
子どもが「主役」の学びを実現するデジタル教材プラットフォーム デジタルドリル+学び合いツール “自分”で学ぶ 学びを“支える” “一緒”に学ぶ navima(ナビマ) 詳細はこちら
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • フルノシステムズのオンライン展示会 オンラインショールーム MEETUP Wi-Fi WEBセミナー 動画デモ FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 学校の働き方改革 先生の業務負担軽減 ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス