1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. コドモン、災害対策として保育ICTシステムを2カ月試せるキャンペーン

2019年8月29日

コドモン、災害対策として保育ICTシステムを2カ月試せるキャンペーン

保育ICTシステム「CoDMON」を提供するコドモンは、9月1日の防災の日に向け、緊急連絡対策を見直すきっかけとなるよう「防災キャンペーン」を実施する。

東日本大震災や熊本地震の発生時には、電話やメールが遅延や規制でつながりにくくなった、メッセージアプリが携帯電話の安定性不足をカバーした、という状況が発生した。また、普段使わない連絡手段でとっさの時に操作方法が分からなかったという意見や、連絡が相手に届いたかどうかの判断ができないという声も聞かれた。

総務省では電話より比較的つながりやすいLINEやSNSなどの活用を推奨しているが、全国の保育園、幼稚園、学童などのこども施設の多くが、旧来のNTTの災害用伝言ダイヤルや電話連絡網を中心とした連絡手段しか整備していないのが現状という。

コドモンの連絡機能は、インターネットで届きやすく(メール、プッシュ通知、アプリ内配信のいずれの方法でも受信可能)、施設側で既読・未読確認ができる。また、スマートフォンを使って避難先から保護者へ一斉連絡もできる。普段から使い慣れた連絡手段なので迷わない利点があり、実際の地震で活用された実績もあるという。

同社では防災キャンペーンとして、コドモンの保護者連絡機能を2カ月無料で提供するキャンペーンを実施する。申込期限は9月14日まで。無料期間は12月31日までの間の2カ月となる(利用開始日は自由に設定できる)。

関連URL

CoDMON

AI x アダプティブラーニング 低負荷で個別最適の学びを実現 すらら 活用事例はこちら
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
Microsoft Officeの小学生向け学習支援ソフト こどもOffice(R) ぼくたちは、世界標準で学ぶ GIGAスクール構想にも最適です!
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • 「Chromebook」&「G Suite for Education」を活用するための学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 子供と向き合う時間を創出する 学校の新ワークスタイルをご提案! ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス