1. トップ
  2. イベント・セミナー
  3. 日本ゲーム大賞2019「U18部門」決勝大会、15日に東京ゲームショウで開催

2019年9月9日

日本ゲーム大賞2019「U18部門」決勝大会、15日に東京ゲームショウで開催

コンピュータエンターテインメント協会(CESA)は、日本ゲーム大賞の、18歳以下の人が開発したゲーム作品を対象に審査、表彰する「U18(ゆーじゅうはち)部門」の決勝大会を、9月15日「東京ゲームショウ2019」(会場: 幕張メッセ)のイベントステージで開催する。


日本ゲーム大賞U18部門は、次世代を担うゲームクリエイターの発掘を目的とした18歳以下の小中学生および高校生等を対象としたゲーム制作コンテスト。

U18部門として2回目となる今大会では、全国から多数のエントリーがあり、1次審査を通過した13作品が予選大会に進出。6月9日に開催した予選大会では、13作品の開発チームがトンネル東京に集い、プレゼンテーション審査が行われた。事前に実施した作品の試遊プレイによる実機審査との総合評価により、7作品の決勝大会進出が決定した。

ファイナリストは、予選大会での審査員からのアドバイスを参考に、作品のブラッシュアップを経て決勝大会へ望む。9月15日に東京ゲームショウ2019のイベントステージで開催される決勝大会では、決勝大会審査員の試遊プレイによる実機審査と、最終プレゼンテーションの総合評価により各賞を決定、発表する。

開催概要

開催日程:9月15日(日) 10:00~12:00 (開場09:30)
開催場所:幕張メッセ 「東京ゲームショウ2019」イベントステージ(展示ホール1)
スケジュール:
9:30 ~ 開場
10:00 ~ オープニング、開会あいさつ、U18部門説明、審査員紹介、ファイナリスト紹介
10:15 ~ 各チーム プレゼンテーション (1チーム/プレゼン5分、質疑応答1分)
11:05 ~ 審査、ファイナリストインタビュー
11:20 ~ 結果発表 表彰式
11:35 ~ 主催あいさつ、フォトセッション
12:00 閉会

関連URL

日本ゲーム大賞2019「U18部門」

小学校でもICTへの備え 双方向の指導を実現 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
子どもが「主役」の学びを実現するデジタル教材プラットフォーム デジタルドリル+学び合いツール “自分”で学ぶ 学びを“支える” “一緒”に学ぶ navima(ナビマ) 詳細はこちら
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
RICOH パソコン環境を有効に活かす 大型提示装置の活用ヒント集 無料DL
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • フルノシステムズのオンライン展示会 オンラインショールーム MEETUP Wi-Fi WEBセミナー 動画デモ FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 学校の働き方改革 先生の業務負担軽減 ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス