1. トップ
  2. STEM・プログラミング
  3. 日本ゲーム大賞2019「U18部門」金賞は小学生池上颯人さんの「手裏剣 Jump」

2019年9月17日

日本ゲーム大賞2019「U18部門」金賞は小学生池上颯人さんの「手裏剣 Jump」

コンピュータエンターテインメント協会(CESA)は、日本ゲーム大賞で、18歳以下の人が開発したゲーム作品を対象に審査、表彰する「U18(ゆーじゅうはち)部門の決勝大会を9月15日に「東京ゲームショウ2019」のイベントステージで開催した。

決勝大会の審査は、実機試遊審査とプレゼンテーション審査の2つで構成。実機試遊審査ではゲームの面白さや独創性・技術力をアピールし、プレゼンテーション審査ではゲームの説明だけでなく制作途中の考え方もアピールする。

2回目の開催となる本賞の決勝大会では、全国からの多数のエントリーから、一次審査、予選大会を経て残った7作品についてブラッシュアップ期間を経て、 審査員の試遊プレイによる実機試遊審査と、ファイナリストの最終プレゼンテーション審査の評価により、各賞を決定、発表した。

日本ゲーム大賞2019「U18部門」受賞作品

「金 賞」
作品名:手裏剣 Jump
制作者:池上 颯人(神奈川県横浜市立美しが丘小学校)
作品紹介:ジャンプができない主人公の忍者が、手裏剣で敵をやっつけながら城を目指すゲーム。敵に手裏剣があたると 跳ね返ってきて、主人公に当たるとジャンプし、爽快に前に進む。手裏剣を使うのは敵をやっつけるだけではなく、巻物を取るのにも使用。巻物に手裏剣を当てると、忍法が発動し、分身の術や隠れ身の術が使える。

手裏剣 Jump

「銀 賞」
作品名: Overturn
制作者:松田 活(函館ラ・サール高等学校)

「銅 賞」
作品名:朝を知らぬ星
制作者:梅村 時空(N高等学校)

関連URL

決勝大会進出作品の紹介動画

日本ゲーム大賞2019「U18部門」

コンピュータエンターテインメント協会(CESA)

小学校でもICTへの備え 双方向の指導を実現 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
ぼくたちは、世界標準で学ぶ こどもOffice(R) Microsoft Officeの小学生向け学習支援ソフト 製品サイトへ
NICA 全国ICTクラブ協会 Webニュースライター講座 ≪オンライン開催≫ あなたもプロになれる!

アーカイブ

  • 「Chromebook」&「G Suite for Education」を活用するための学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 子供と向き合う時間を創出する 学校の新ワークスタイルをご提案! ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス