1. トップ
  2. 学校・団体
  3. 京都薬科大、AIによる学生支援サービスの試験運用を開始

2019年10月3日

京都薬科大、AIによる学生支援サービスの試験運用を開始

京都薬科大学は、木村情報技術が開発した、AIが学生からの問い合わせに自動で応答するAIお問い合わせシステム「AI-Q(アイキュー)」の運用を、1日から試験的に開始した。

同大では、今年5月から、学内の問い合わせ業務に対するAIチャットボットの活用を木村情報技術と協議・検討。PoC(概念実証)で導入効果を検証することを目的に、AIチャットボットの試験的運用を決定した。

試験運用期間は10月~12月までの3カ月間で、この間に学生からの問い合わせやフィードバックの情報を蓄積する。

試験運用を始めるにあたり、同大では、これまでに事務局に実際に寄せられた学生からの問い合わせをパターン化し、約300のQ&Aを作成。このデータを「AI-Q」に組み込み、1日から全学生に向けて運用を開始した。

試験運用期間中に収集した学生からのフィードバックや利用状況を踏まえ、学修支援に貢献できると判断できれば、2020年度からの正式導入に向けた準備を進め、本格運用時には1200問の問い合わせに対応できるようになる。

このAIシステムの活用で、学生は24時間いつでもどこでも必要な時に必要な情報を手に入れることができ、大学とのコミュニケーションが取りやすくなる。

木村情報技術は、2005年の創業以来、医療分野を中心としたWeb講演会運営・配信サービスのパイオニアとして、地方の医師への新薬情報の円滑な提供などを行ってきた。2016年4月から人工知能ビジネスに本格参入、同年11月に「AI-Q」の販売を開始した。

関連URL

京都薬科大学

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
セキュリティ対策ならYubiPlus 校務用PCの二要素認証ログイン 導入事例 秀明英光高等学校 詳しくはこちら
Classi 文科省指定校神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
NEWSサイト作成・運営 オウンドメディアに最適 wanitel

アーカイブ

  • 資料請求 無料体験 朝日小学生新聞 朝日中高生新聞 デジタル for School
  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • GIGAスクール構想 機器のお悩みはこちら 24時間365日受付
  • Biz安否確認/一斉通報 アカデミックプラン 教職員・学生の健康管理に
  • 保護者や生徒との連絡手段でお困りではありませんか? 無料お試しキャンページ実施中! NTTレゾナント
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 訴求力をUPさせるワンランク上の提案書 無料セミナー実施中! Out-Sourcing! Technology
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス