1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. ハノイ大学ほか、外国人向けAI活用した日本語会話力と就業支援の共同プロジェクト

2019年10月7日

ハノイ大学ほか、外国人向けAI活用した日本語会話力と就業支援の共同プロジェクト

ハノイ大学、アジア人財教育開発機構、店舗流通ネット、NTTドコモの4者は、4日、特定技能外国人向けのAIを活用した日本語会話の習熟と日本での就業促進のための共同プロジェクトを発足した。

同プロジェクトでは、ベトナムの教育機関で日本語授業の教材を提供するほか、ドコモが開発した外国人向け日本語会話学習サービス「Japanese Language Training AI(JLT-AI)」を試験提供する。

JLT-AIには、店舗流通ネットが新たに開発した、外食業の特定技能試験対策および外食業分野で即戦力として活躍できる人材になるためのコンテンツを収録し、日本国内の飲食店での「仕事で必要な日本語会話力」の習熟をサポートする。また、「仕事で必要な日本語会話力」という曖昧なスキルレベルを「見える化」する検定コンテンツも店舗流通ネットが開発しJLT-AIに収録、外国人材と採用する企業の日本語会話力に対する認識の差をなくし、外国人材の定着につなげる。さらに、現地で日本語を習熟した外国人材が日本で企業に就業するまでをトータルにサポートしていく。

今後は、ベトナムでの教育開発経験のあるアジア人財教育開発機構が中心となり、ハノイ大学で日本語授業の教材提供および同プロジェクト参加者の募集を開始する。さらに、ハノイ大学での取り組み結果をもとに他教育機関へも同プロジェクトの取り組みを展開するとともに、日本語会話力のトレーニング結果を日本での就業機会獲得に結びつけることを目的にJLT-AIを使った日本語会話力の検定試験の企画・運用も進めていく。

関連URL

NTTドコモ

小学校でもICTへの備え 双方向の指導を実現 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
期間限定ウェビナー 無料配信中 児童生徒用端末の運用と活用のポイント GIGAスクール構想 1人1台端末を効果的に活用するには? Sky
子どもが「主役」の学びを実現するデジタル教材プラットフォーム デジタルドリル+学び合いツール “自分”で学ぶ 学びを“支える” “一緒”に学ぶ navima(ナビマ) 詳細はこちら
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • 「Chromebook」&「G Suite for Education」を活用するための学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 学校の働き方改革 先生の業務負担軽減 ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス