1. トップ
  2. 学校・団体
  3. eboard、映像授業に連動したテキスト教材「動画ノート」の提供を開始

2019年10月9日

eboard、映像授業に連動したテキスト教材「動画ノート」の提供を開始

eboardは8日、10月から学習塾やNPO、フリースクールなどの小規模な民間教育・学習支援事業者を主な対象に、eboardの映像授業に連動したテキスト教材「動画ノート」の提供を開始したと発表した。

中学5教科のプリントの各単元に、映像授業での解説がついており、プリントに書きこみながら学習を進めることができる。年度ごとの利用ライセンス契約で、教室での利用や家庭学習向けに自由に印刷・利用できる。

現在、全国的に公立・私立を問わず、ICT環境の整備が徐々に進んでいるものの、民間の教育・学習支援事業者では、小規模な教室を中心にICT環境の整備が進まない傾向があるという。経済産業省「平成29年特定サービス産業実態調査(確報)」では、全国4万7570ある学習塾のうち「インターネットを活用した指導方法」を採用していると回答した塾は、1万1594件(32.2%)。特に、全体の約6割を占める小規模教室(従業員が4名以下)では、その割合は17.2%と、より整備の遅れが顕著になっている。

一方、中学生のスマートフォン利用率は、平均で60%以上、高校生では90%以上と年々増加しており(内閣府「平成30年度 青少年のインターネット利用環境実態調査」)、個人やBYOD(Bring your own device、個人の端末を学校や教育機関で教育目的に利用すること)利用では、学習に端末を利用できる環境が整ってきた。

こうした現状を踏まえ、子ども達の学びを地域で支援する学習塾やNPO、フリースクールなどの小規模な教育事業者の一助となるよう、映像授業に連動したテキスト教材「動画ノート」を制作した。

eboardでは、団体のミッションである「学びをあきらめない」環境には、「子ども達一人一人が自分のペースで学べる環境の保証」が不可欠だと考えている。提供を開始する「動画ノート」は、印刷して利用することを想定した紙の教材だが、QRコードや動画タイトルから、eboardの映像授業にアクセスできる教材。映像授業で視聴した内容を整理する、問題を解きながらわからない部分を映像授業で理解する、家庭学習用に配布するなど、教育現場の状況に応じて様々な活用ができる教材だという。

関連URL

「動画ノート」

eboard

世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイスを管理 Appleデバイスの管理をもっと簡単に! jamf
Classi “主体的に学ぶ力”をのばす Classiポートフォリオ 2つの新機能登場! アルバム機能 学びの振り返り機能 詳細はこちら
ICTクラブ大泉学園 情報活用能力を育む STEAM系「21世紀コース」 プログラミングだけじゃない!

アーカイブ

  • 「GIGAスクール構想」に最適なアクセスポイントとは? 成功のカギは、Wi-Fiから FURUNO SYSTEMS
  • 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 みらいスクールステーション 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • 近畿大学付属小学校 すらら×小学校
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス