1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 日本エイサー、eスポーツ「Predator League 2020」日本予選の受付開始

2019年10月29日

日本エイサー、eスポーツ「Predator League 2020」日本予選の受付開始

日本エイサーは28日、同社主催のeスポーツトーナメント「Predator League 2020」の日本公式予選「Predator League 2020 Japan Round」の受付を開始した。

「Predator League」は、アジア・パシフィック各地の国と地域の代表が参加する国際ゲーミングイベント。

予選を勝ち抜いた代表チームは、来年2月にフィリピン・マニラで開催されるグランドファイナル(決勝トーナメント)で、アジア・パシフィック最強の称号をかけて激突する。

グランドファイナルの採用タイトルは、「PLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDS」 (PUBG)、「DOTA2」の2本。各国予選および決勝戦の賞金総額は40万ドル。

「Japan Round」開催概要

開催日:11月30日(土)~12月15日(日)の各土日、計6日間
採用タイトル:「PUBG」
1日のマッチ数:5マッチ(全30マッチ)
予定参加チーム数(SQUAD):無制限
参照:
①全日程オンライントーナメント、「PUBG JAPAN SERIES(PJS)」season4Phase1、Phase2の総合順位上位8チームはシードチームとして12月7日(土)から参加。棄権が出る場合は下位チームから繰り上げ出場予定
②優勝、準優勝の2チームは来年2月フィリピン・マニラで開催予定のグランドファイナルへの出場権および渡航費をサポート
大会ルール詳細

【応募概要】
応募期間:10月28日(月)15:00~11月14日(木)13:00
応募チーム数:無制限
当選および組み合わせ発表:11月25日(月)

詳細・申込

関連URL

日本エイサー

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
学習eポータル+AI型教材 Qubena 全国100万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • 創造性を育む学びに Adobe Express | 小中高校無料 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス