1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. eスポーツトーナメント「Predator League 2020」日本予選の出場チーム決定

2019年11月28日

eスポーツトーナメント「Predator League 2020」日本予選の出場チーム決定

日本エイサーは27日、同社主催のeスポーツトーナメント「Predator League 2020 Japan Round」(日本公式予選)の出場チーム、解説・実況、スポンサーを発表した。


「Predator League」には、アジア・パシフィックの各国・各地域の代表が参加。予選を勝ち抜いた代表チームは、来年2月にフィリピン・マニラで開催するグランドファイナルで、アジア・パシフィック最強の称号をかけて激突する。

グランドファイナルの採用タイトルは、「PLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDS (PUBG)」、「DOTA 2」。各国・各地域予選および決勝戦の賞金総額は40万ドル。

日本公式予選にエントリーした58チームは、30日と12月1日に開催される1次予選ラウンドで、24チームの枠をかけて対戦する。

「日本公式予選」開催概要

開催日:11月30日(土)~12月15日(日)の各土日、計6日間
採用タイトル:「PUBG」のみ
1日のマッチ数:5マッチ(全30マッチ)、全日程オンライントーナメント
予定参加チーム数(SQUAD):無制限
参照:
・「PUBG JAPAN SERIES(PJS)」season4 Phase1、Phase2の総合順位上位8チームはシードチームとして、12月7日(土)から参加。棄権が出た場合は下位チームから繰り上げ出場予定
・優勝、準優勝の2チームは、来年2月にフィリピン・マニラで開催予定の「Predator League 2020」グランドファイナル(決勝トーナメント)への出場権を獲得、渡航費は日本エイサーがサポート
賞金総額:100万円

関連URL

「Predator League 2020 Japan Round」

日本エイサー

学力向上に即効 S、Aランクが3倍に 西武台高等学校 すらら 活用事例のご紹介
Classi 導入事例 客観的データに基づく学習指導 佐賀県立致遠館中学校・高等学校
自立学習型能力開発 ICT教材の利活用にお悩みの先生へ 導入事例をご紹介 速読解力講座 速読聴英語講座 簡単入力で資料請求
GIGAスクール向け 授業のICTサポートに特化したプランをご提供 Rakuten Communications 詳細はこちら
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • 学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)活用パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • マルチプラットフォーム辞書 DONGRI 個別商談会受付中!
  • スタディサプリ 3校に1校が導入済みのICT教材って? 1分で資料入手!
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 訴求力をUPさせるワンランク上の提案書 無料セミナー実施中! Out-Sourcing! Technology
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス