1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. eスポーツトーナメント「Predator League 2020」日本予選の出場チーム決定

2019年11月28日

eスポーツトーナメント「Predator League 2020」日本予選の出場チーム決定

日本エイサーは27日、同社主催のeスポーツトーナメント「Predator League 2020 Japan Round」(日本公式予選)の出場チーム、解説・実況、スポンサーを発表した。


「Predator League」には、アジア・パシフィックの各国・各地域の代表が参加。予選を勝ち抜いた代表チームは、来年2月にフィリピン・マニラで開催するグランドファイナルで、アジア・パシフィック最強の称号をかけて激突する。

グランドファイナルの採用タイトルは、「PLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDS (PUBG)」、「DOTA 2」。各国・各地域予選および決勝戦の賞金総額は40万ドル。

日本公式予選にエントリーした58チームは、30日と12月1日に開催される1次予選ラウンドで、24チームの枠をかけて対戦する。

「日本公式予選」開催概要

開催日:11月30日(土)~12月15日(日)の各土日、計6日間
採用タイトル:「PUBG」のみ
1日のマッチ数:5マッチ(全30マッチ)、全日程オンライントーナメント
予定参加チーム数(SQUAD):無制限
参照:
・「PUBG JAPAN SERIES(PJS)」season4 Phase1、Phase2の総合順位上位8チームはシードチームとして、12月7日(土)から参加。棄権が出た場合は下位チームから繰り上げ出場予定
・優勝、準優勝の2チームは、来年2月にフィリピン・マニラで開催予定の「Predator League 2020」グランドファイナル(決勝トーナメント)への出場権を獲得、渡航費は日本エイサーがサポート
賞金総額:100万円

関連URL

「Predator League 2020 Japan Round」

日本エイサー

iPadの管理をもっと簡単に! 世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイス管理に携わっています。 jamf
Classi Classi連携サービス 英語4技能 探求学習 プログラミング Classi IDで利用可! まずはトライアル
映像の撮影・編集・配信が3万円から!! Z-KAI
NICA 全国ICTクラブ協会 あなたもプロになれる! Webニュースライター講座

アーカイブ

  • 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 みらいスクールステーション 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • 近畿大学付属小学校 すらら×小学校
  • Google for Education ワークショップセミナー 参加費無料 2019年11月~ 全国主要9都市にて 今すぐ申し込む チエル株式会社主催
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス