1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. eスポーツトーナメント「Predator League 2020」日本予選の出場チーム決定

2019年11月28日

eスポーツトーナメント「Predator League 2020」日本予選の出場チーム決定

日本エイサーは27日、同社主催のeスポーツトーナメント「Predator League 2020 Japan Round」(日本公式予選)の出場チーム、解説・実況、スポンサーを発表した。


「Predator League」には、アジア・パシフィックの各国・各地域の代表が参加。予選を勝ち抜いた代表チームは、来年2月にフィリピン・マニラで開催するグランドファイナルで、アジア・パシフィック最強の称号をかけて激突する。

グランドファイナルの採用タイトルは、「PLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDS (PUBG)」、「DOTA 2」。各国・各地域予選および決勝戦の賞金総額は40万ドル。

日本公式予選にエントリーした58チームは、30日と12月1日に開催される1次予選ラウンドで、24チームの枠をかけて対戦する。

「日本公式予選」開催概要

開催日:11月30日(土)~12月15日(日)の各土日、計6日間
採用タイトル:「PUBG」のみ
1日のマッチ数:5マッチ(全30マッチ)、全日程オンライントーナメント
予定参加チーム数(SQUAD):無制限
参照:
・「PUBG JAPAN SERIES(PJS)」season4 Phase1、Phase2の総合順位上位8チームはシードチームとして、12月7日(土)から参加。棄権が出た場合は下位チームから繰り上げ出場予定
・優勝、準優勝の2チームは、来年2月にフィリピン・マニラで開催予定の「Predator League 2020」グランドファイナル(決勝トーナメント)への出場権を獲得、渡航費は日本エイサーがサポート
賞金総額:100万円

関連URL

「Predator League 2020 Japan Round」

日本エイサー

AI x アダプティブラーニング 低負荷で個別最適の学びを実現 すらら 活用事例はこちら
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
Microsoft Officeの小学生向け学習支援ソフト こどもOffice(R) ぼくたちは、世界標準で学ぶ GIGAスクール構想にも最適です!
NICA 全国ICTクラブ協会 Webニュースライター講座 ≪オンライン開催≫ あなたもプロになれる!

アーカイブ

  • 「Chromebook」&「G Suite for Education」を活用するための学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 子供と向き合う時間を創出する 学校の新ワークスタイルをご提案! ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス