1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 日本経済新聞のニュース、スマートスピーカー「Amazon Echo」で配信開始

2019年11月1日

日本経済新聞のニュース、スマートスピーカー「Amazon Echo」で配信開始

日本経済新聞社は10月31日、同社がボイスメディア「Voicy」で放送中の「ながら日経」と「ヤング日経」の2つの放送がスマートスピーカーで聴けるようになった、と発表した。

これまではパソコンやスマホからしか聴けなかったが、スマートスピーカーからの放送が始まったことで家庭やオフィス内でより手軽に聴ける機会が広がる。

チャンネルのフォロワーも「ながら日経」が1万人を超え、「ヤング日経」と合わせて1万3000人に。

対象のスマートスピーカーは、Amazonの音声サービス「Alexa(アレクサ)」を搭載した「Amazon Echo」。

事前準備として、Amazon.co.jpのAlexaスキルストアから「ながら日経」「ヤング日経」スキルを有効にする。そうすれば、機器に「アレクサ、ながら日経をスタートして」「アレクサ、ヤング日経を開いて」などと呼びかけるだけで、日経新聞のニュースを聞くことができる。合成音声ではない、人の声で分かりやすく日経のニュースを配信。スキマ時間に、その日に押さえるべきニュースを聴取できる。

同社と音声ITスタートアップの「Voicy」は、今年1月に業務提携し、7月から放送を開始。チャンネルは「ながら日経」「ヤング日経」の2チャンネル。

「ながら日経」は、月曜~土曜の朝に日経電子版の最新ニュースを配信。「ヤング日経」は、「ヤングなら、これだけは知っておこう!」という厳選したニュースを1日5本、サクッと短く届ける。

関連URL

「ながら日経」

「ヤング日経」

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
学習eポータル+AI型教材 Qubena 全国100万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • GIGAスクールで育む創造性 Adobe Express | 小中高校無料 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス