1. トップ
  2. 学校・団体
  3. IPA、スマホアプリ『ラクマ』における認証情報漏えいの脆弱性を公表

2019年11月8日

IPA、スマホアプリ『ラクマ』における認証情報漏えいの脆弱性を公表

IPA(独立行政法人情報処理推進機構)セキュリティセンターおよび JPCERT/CC
(JPCERTコーディネーションセンター)は7日、「スマートフォンアプリ『ラクマ』における認証情報漏えいの脆弱性」を、JVN (Japan Vulnerability Notes)で公表した。

楽天が提供するスマートフォンアプリ「ラクマ」には、認証に関する情報が漏えいする脆弱性が存在する。ラクマユーザへの攻撃を目的として端末にインストールされた第三者アプリによって、当該製品に関する認証情報を取得される可能性がある。

影響を受けるシステムは、Android アプリ「ラクマ」バージョン 7.15.0 およびそれ以前、
iOS アプリ「ラクマ」バージョン 7.16.4 およびそれ以前。

IPAでは対策として、開発者が提供する情報をもとに、最新版へアップデートを薦めてる。

関連URL

JVN (Japan Vulnerability Notes)

IPA

世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイスを管理 Appleデバイスの管理をもっと簡単に! jamf
Classi Classi連携サービス 英語4技能 探求学習 プログラミング Classi IDで利用可! まずはトライアル
NICA 全国ICTクラブ協会 あなたもプロになれる! Webニュースライター講座

アーカイブ

  • 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 みらいスクールステーション 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • 近畿大学付属小学校 すらら×小学校
  • Google for Education ワークショップセミナー 参加費無料 2019年11月~ 全国主要9都市にて 今すぐ申し込む チエル株式会社主催
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス