1. トップ
  2. 学校・団体
  3. IPA、『Safari』におけるスクリプト・インジェクションの脆弱性を公表

2018年3月30日

IPA、『Safari』におけるスクリプト・インジェクションの脆弱性を公表

IPA(情報処理推進機構)セキュリティセンターおよび JPCERT/CC (JPCERTコーディネーションセンター)は30日、 「『Safari』におけるスクリプト・インジェクションの脆弱性」を公表した。

「Safari」は、Apple が提供するウェブブラウザ。「Safari」において、サーバ証明書エラーの表示処理にスクリプト・インジェクションの脆弱性が存在する。細工されたドメイン名のサイトに誘導されたユーザのウェブブラウザ上で、任意のスクリプトを実行される可能性があるという。

対処方法として、開発者が提供する情報をもとに、最新版にアップデートする必要があるという。

関連URL

Safari におけるスクリプト・インジェクションの脆弱性

教育改革を見据え ICT×紙で行う新しい授業実践 授業への参加意欲があがった Classi NOTE
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • 10件以上の学習塾 ICT活用事例はこちら すらら
  • 小学校のフラッシュ英単語/英語表現 英語の授業がもりあがる! 無料体験版はこちら CHIeru
  • よく届く ラッカスの無線LAN 離れた小中学校21校をひとつに繋ぐ 伊那市の導入事例掲載中
  • eラーニングの録画・配信 Matrox Monarch LCS
  • 進研模試に連動したアダプティブラーニング 合格への戦略 高1〜高3 お申込み受付中!
  • スマホでサクサクニュースを読もう ICT教育ニュース メルマガ登録