1. トップ
  2. 学校・団体
  3. IPA、『Safari』におけるスクリプト・インジェクションの脆弱性を公表

2018年3月30日

IPA、『Safari』におけるスクリプト・インジェクションの脆弱性を公表

IPA(情報処理推進機構)セキュリティセンターおよび JPCERT/CC (JPCERTコーディネーションセンター)は30日、 「『Safari』におけるスクリプト・インジェクションの脆弱性」を公表した。

「Safari」は、Apple が提供するウェブブラウザ。「Safari」において、サーバ証明書エラーの表示処理にスクリプト・インジェクションの脆弱性が存在する。細工されたドメイン名のサイトに誘導されたユーザのウェブブラウザ上で、任意のスクリプトを実行される可能性があるという。

対処方法として、開発者が提供する情報をもとに、最新版にアップデートする必要があるという。

関連URL

Safari におけるスクリプト・インジェクションの脆弱性

世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイスを管理 Appleデバイスの管理をもっと簡単に! jamf
KDDIまとめてオフィス 教育現場のタブレット 導入実績多数!まとめてサポート
Classi活用事例 生徒のスマートフォンを利用した朝自習の取り組み
子ども向けプログラミング学習サービス ライセンス販売 出張講座・共催 ユーバー株式会社
EDIX2019出展者特集 掲載記事募集中

アーカイブ

  • みらいスクールステーション FUJISOFT 大型提示装置の活用がぐんと広がる! 教育ICT専用端末メディアボックス
  • すらら×学びのカスタマイズ
  • 4月3日(水)最新号発行!無料でお届け。 チエルマガジンお申し込み CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス