1. トップ
  2. ツール・教材
  3. IPA/IMEからの情報漏えいを注意喚起

2014年2月6日

IPA/IMEからの情報漏えいを注意喚起

情報処理推進機構(IPA)は4日、クラウドサービスの利用により、意図せずに機密情報を漏洩する場合があるとして注意を呼びかけた。

クラウドサービスの一つとしてIME (Input Method Editorアイエムイー)を挙げ、「クラウド変換機能」が有効になっているのを、利用者が知らないで使うと、本来外部に出してはいけない情報が、気づかないうちに入力内容として外部に送信されるとして注意を促している。

関連URL

IPA 情報セキュリティ2月の呼びかけ

問い合わせ先

情報処理推進機構 技術本部 セキュリティセンター
電 話:03-5978-7591
isec-info@ipa.go.jp

iPadの管理をもっと簡単に! 世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイス管理に携わっています。 jamf
Classi活用事例 生徒のスマートフォンを利用した朝自習の取り組み
21世紀を生き抜く力を育む 幼児からシニアまで楽しくICT+プログラミングを学べる ICTクラブ大泉学園 無料体験会開催中
EDIX2019出展者特集 掲載記事募集中

アーカイブ

  • みらいスクールステーション FUJISOFT 大型提示装置の活用がぐんと広がる! 教育ICT専用端末メディアボックス
  • すらら×アクティブラーニング実践事例
  • お試し無料! 小学生向け 漢字・計算 クラウド型デジタル教材 CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス