1. トップ
  2. ツール・教材
  3. IPA/IMEからの情報漏えいを注意喚起

2014年2月6日

IPA/IMEからの情報漏えいを注意喚起

情報処理推進機構(IPA)は4日、クラウドサービスの利用により、意図せずに機密情報を漏洩する場合があるとして注意を呼びかけた。

クラウドサービスの一つとしてIME (Input Method Editorアイエムイー)を挙げ、「クラウド変換機能」が有効になっているのを、利用者が知らないで使うと、本来外部に出してはいけない情報が、気づかないうちに入力内容として外部に送信されるとして注意を促している。

関連URL

IPA 情報セキュリティ2月の呼びかけ

問い合わせ先

情報処理推進機構 技術本部 セキュリティセンター
電 話:03-5978-7591
isec-info@ipa.go.jp

AI x アダプティブラーニング 低負荷で個別最適の学びを実現 すらら 活用事例はこちら
世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイスを管理 Appleデバイスの管理をもっと簡単に! jamf
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
SHARP BIG PAD Capmus 「GIGAスクール」時代に欠かせないツール 電子黒板とは?
NICA 全国ICTクラブ協会 あなたもプロになれる! Webニュースライター講座

アーカイブ

  • 「GIGAスクール構想」に最適なアクセスポイントとは? 成功のカギは、Wi-Fiから FURUNO SYSTEMS
  • 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 みらいスクールステーション 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス