1. トップ
  2. イベント・セミナー
  3. 埼玉大、小中生対象に2泊3日のロボット作り「STEM CAMP」を年末開催

2019年11月13日

埼玉大、小中生対象に2泊3日のロボット作り「STEM CAMP」を年末開催

埼玉大学STEM教育研究センターは、小中学生を対象に、2泊3日でロボット作りを体験する「STEM CAMP」を、12月26日~28日に長野県大町市で実施する。

このキャンプでは、長野県など山村地域で問題になっている、鳥獣被害について学ぶ。ロボットなどの科学技術の活用で、鳥獣被害をどのように解決することができるかについて考えていく。

実際に自治体(大町市)と企業が行っているテクノロジーを用いた鳥獣被害対策について講話を聞いて学び、その後、同教育研究センターが開発しているオリジナルマイクロコントローラー「STEM Du」を使ったハンズオンのワークショップで自分だけのオリジナルロボット作りとプログラミングに取り組む。最終日にはスキー教室も実施する。

開催概要

開催日程:12月26日(木)~28日(土)
開催場所:長野県大町市
・ワークショップ会場:平公民館[長野県大町市平10352-1]
・企業見学:大町市役所「大町市が行うIOTを用いた鳥獣被害対策について」
・スキー教室:HAKUBA VALLEY鹿島槍スキー場
対象:小学生〜中学生
定員:20人
参加費:関東からの参加4万5000円+税、現地参加1万円+税
申込み締切り:12月13日(金)

詳細・申込

関連URL

過去の「STEM CAMP」

埼玉大学STEM教育研究センター

自律的な学習者への第一歩に 自己効力感の向上 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
AIRobot-NEWS AI・ロボットニュース

アーカイブ

  • 無線通信可視化・安定化ソリューション Tbridge
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス