1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 企業向けeラーニングのAirCourseに「資格講座の受講・管理」ができる新機能

2019年11月21日

企業向けeラーニングのAirCourseに「資格講座の受講・管理」ができる新機能

KIYOラーニングは20日、同社が運営する企業向けeラーニング「AirCourse(エアコース)」に資格講座の受講や管理ができる機能をリリースした。

オンライン資格講座「STUDYing(スタディング)」と企業向けeラーニング「AirCourse」をシステム連携することで、企業において社員の資格取得を推進するための学習ニーズに対応する。

STUDYingは、短期間で合格した人々の学習法を徹底的に研究し、分かりやすく効率的に学習できる高品質な講座を提供。宅建士、簿記、ITパスポート、FP、中小企業診断士など26講座を用意している。

一方、AirCourseは企業向け社員教育eラーニングサービスで、研修・教育にニーズの高いコースを揃えた「標準コース」と、企業がオリジナルで作成した動画を簡単に社内共有できる「オリジナルコース」がある。導入コストを抑え低予算で運用できるほか、スマートフォン・PC・タブレットなどマルチデバイスに対応している。

新機能では、AirCourseのマイページ上に受講が可能な資格講座のメニューが表示され、受講者(社員)はAirCourse上からSTUDYingの資格講座を受講できる。また、企業の人事担当や教育担当などの管理者は、ほかのeラーニングコースと同様に、資格講座の受講の進捗状況やテスト結果などをレポート機能でタイムリーに把握できる。なお、資格講座の受講にはAirCourseの利用料以外に別途講座費用がかかる。

関連URL

「AirCourse」

「STUDYing」

自律的な学習者への第一歩に 自己効力感の向上 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
大塚商会のNext GIGA
AIRobot-NEWS AI・ロボットニュース

アーカイブ

  • 無線通信可視化・安定化ソリューション Tbridge
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス