1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. KIYOラーニング、AIが学習アドバイスする「AIマスター」をリリース

2019年5月31日

KIYOラーニング、AIが学習アドバイスする「AIマスター」をリリース

オンライン資格講座「STUDYing(スタディング)」を運営するKIYOラーニングは30日、人工知能(機械学習)のアルゴリズムを用いて学習アドバイスをする「AIマスター(ベータ版)」をリリースした。

0531-aimAIマスターは、AI(機械学習)を利用して実現。STUDYingは、過去のすべての受講者の学習行動(秒単位の学習行動や練習問題のスコアなど)を細かく記録。また、多くの受講者が試験直前に行う「模擬試験」の得点も記録する。

この学習行動データと模擬試験の得点データを基に、受講者がどのような学習行動を行うと「模擬試験で何点取れるか(試験予想得点)」を予測する「試験得点予測モデル」を作成。

受講者がある単元を開始する際に、この「試験得点予測モデル」によって、この単元を受講する「前」の試験予想得点と、この単元を受講した「後」の試験予想得点を予測する。

このように単元の学習前後の予想得点を比較することで、この単元を学習した場合の学習効果である「試験予想得点の上昇効果」を予測する。

「試験予想得点の上昇効果」が高い単元では、AIマスターによるアドバイスが表示される。

また、単元が問題練習の場合には「この問題で何点取る(目標得点)と試験予想得点が何点アップするか」をアドバイス。

問題終了後に、目標得点に達していない場合には、目標得点に達するまで復習するようアドバイス。受講者は、重要な単元や問題について試験を意識して学習することができる。

今回リリースしたAIマスター機能は「ベータ版」の位置づけ。今後は、「どのように学習すればより合格に近づくことができるのか?」という究極の問いかけに回答できるようなモデルに成長させていく予定。

関連URL

AIマスター

KIYOラーニング

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Qubena 小中5教科 全国50万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • 教育機関向けAdobe Expressを「教員研修」に組み込みませんか? 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス