1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. KIYOラーニング、AIが学習アドバイスする「AIマスター」をリリース

2019年5月31日

KIYOラーニング、AIが学習アドバイスする「AIマスター」をリリース

オンライン資格講座「STUDYing(スタディング)」を運営するKIYOラーニングは30日、人工知能(機械学習)のアルゴリズムを用いて学習アドバイスをする「AIマスター(ベータ版)」をリリースした。

0531-aimAIマスターは、AI(機械学習)を利用して実現。STUDYingは、過去のすべての受講者の学習行動(秒単位の学習行動や練習問題のスコアなど)を細かく記録。また、多くの受講者が試験直前に行う「模擬試験」の得点も記録する。

この学習行動データと模擬試験の得点データを基に、受講者がどのような学習行動を行うと「模擬試験で何点取れるか(試験予想得点)」を予測する「試験得点予測モデル」を作成。

受講者がある単元を開始する際に、この「試験得点予測モデル」によって、この単元を受講する「前」の試験予想得点と、この単元を受講した「後」の試験予想得点を予測する。

このように単元の学習前後の予想得点を比較することで、この単元を学習した場合の学習効果である「試験予想得点の上昇効果」を予測する。

「試験予想得点の上昇効果」が高い単元では、AIマスターによるアドバイスが表示される。

また、単元が問題練習の場合には「この問題で何点取る(目標得点)と試験予想得点が何点アップするか」をアドバイス。

問題終了後に、目標得点に達していない場合には、目標得点に達するまで復習するようアドバイス。受講者は、重要な単元や問題について試験を意識して学習することができる。

今回リリースしたAIマスター機能は「ベータ版」の位置づけ。今後は、「どのように学習すればより合格に近づくことができるのか?」という究極の問いかけに回答できるようなモデルに成長させていく予定。

関連URL

AIマスター

KIYOラーニング

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
リモートワークで使用するPCのセキュリティ対策できてますか? Yubi Plusで対策する! 先生方にもテレワークを! Yubi Plus
Classi 文科省指定校神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
jamf jamfは100を超える自治体で採用! Appleデバイス管理なら CLICK
ニュース記事の作成・提供 膨大なリリースから最適なネタを選択し記事化して廉価で提供 取材記事も作成可能 WANITEL Web-News Writing Service

アーカイブ

  • 資料請求 無料体験 朝日小学生新聞 朝日中高生新聞 デジタル for School
  • 学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)活用パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • クラウド授業支援 ビデオ会議機能を搭載! TeacherView
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 訴求力をUPさせるワンランク上の提案書 無料セミナー実施中! Out-Sourcing! Technology
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス