1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. KIYOラーニング、AIが最適なタイミングで自動出題する「AI問題復習」提供

2022年7月28日

KIYOラーニング、AIが最適なタイミングで自動出題する「AI問題復習」提供

KIYOラーニングは27日、同社のオンライン資格講座「STUDYing(スタディング)」の資格・検定試験対策向け29講座で、AIが最適なタイミングで自動出題する「AI問題復習」機能の提供を一斉に開始した。

「AI問題復習」は、AI(機械学習)を使い、受講者一人ひとりにとって「最適なタイミング」で復習問題を毎日自動的に出題する機能で、受講者ごと、問題ごとに「理解度」という数値が設けられている。(特許出願中)

設問ごとに、個人の「理解度」が記録される。問題を解いた際に、その問題は正解したのか、不正解だったのか。また、正解した場合でも、受講者が難しいと感じたか、簡単と感じたか。受講者の解答結果と評価に応じて理解度が記録され、出題間隔が調整される。

例えば、不正解だった問題や正解したものの難しいと感じた問題は理解度が低いため、より短い間隔で出題。逆に、簡単な問題の出題間隔は長くなる。簡単な問題には時間を使わずに、間違った問題や難しい問題に、より時間を使うようにすることで、短い時間で効率的に実力を高めることができる。

また、問題ごとに調整された復習日にしたがって、その日解くべき問題を出題。紙媒体の学習は、問題集あるいはノートから、印のついた問題を探す必要があるが、「AI問題復習」ではトップページを開いて、AIモードの「本日の復習問題」に取り組むだけ。

さらに「スタディング」では、受講者の問題練習データと講座ごとに短期合格した受講者の復習回数を分析して、「AI問題復習」に反映。これにより、画面の指示に従うだけで合格者と同様のペースで復習することができる。

関連URL

「AI問題復習」

「スタディング」

KIYOラーニング

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Qubena Action 2022 来年度プロダクト・アップデート発表会 08.20(土) 14:00~17:00 ONLINE Special Talk Session
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • 教育機関向けAdobe Expressを「教員研修」に組み込みませんか? 詳しくはこちら
  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • 私立中学・高校様向け ICT利活用サポートデスク オンラインICT支援員 【限定】無料トライアル 参加校募集 NTTLS
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス