1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. ジョリーグッド、日本医科大高度救命救急センターと「救命救急VR」を開発

2019年11月22日

ジョリーグッド、日本医科大高度救命救急センターと「救命救急VR」を開発

ジョリーグッドは21日、日本医科大学附属病院高度救命救急センター(日医救命)と共同で、救命救急の現場を高精細VRサービス化した「救命救急VR」を開発した、と発表した。


「救命救急VR」は、日医救命に搬送されてきた実際の患者の集中治療を、360度カメラで収録し、症例とその治療法をVR教材化した。

時間が勝負の救命救急の治療では、1人の患者に10人以上のスタッフがつき、同時に違った動きをする。

「救命救急VR」では、これまでの2Dカメラでは追いきれなかった全スタッフの動きを、高精度360度カメラで余すことなくVR化している。

救命救急の現場を360度再現していることに加え、監修する日医救命の横堀將司医師の解説とバイタルモニター画面を合成して、治療のポイントと患者の状況を細かく把握しながら、集中治療を疑似体験することができる。

また、同社は、人体モデルなどの医療教育用シミュレータを販売する「京都科学」と共同で、「救命救急VR」と教育用シミュレータ、教育用シミュレータの練習法VRとのセット販売も開始した。

トレーニング方法とポイント解説を術者目線で体験できるVRコンテンツで、繰り返し体験することで、機器や手順の理解と正確な実習イメージを醸成する。

同セットの価格は、「心配蘇生トレーニングセット」が50万5000円~、「CVCトレーニングセット」が46万円〜、「導尿トレーニングセット」が男女各32万円〜。

関連URL

「救命救急VR」詳細・申込み

日医救命

ジョリーグッド

町全体でICT化を推進 福島県西会津中学校 すらら 活用事例のご紹介
Classi 導入事例 客観的データに基づく学習指導 佐賀県立致遠館中学校・高等学校
自立学習型能力開発 ICT教材の利活用にお悩みの先生へ 導入事例をご紹介 速読解力講座 速読聴英語講座 簡単入力で資料請求
RICOH パソコン環境を有効に活かす 大型提示装置の活用ヒント集 無料DL
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • フルノシステムズのオンライン展示会 オンラインショールーム MEETUP Wi-Fi WEBセミナー 動画デモ FURUNO SYSTEMS
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)活用パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • マルチプラットフォーム辞書 DONGRI 個別商談会受付中!
  • スタディサプリ これがICT教材のトータルパッケージ 1分で資料入手!
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス