1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. ジョリーグッド、日本医科大高度救命救急センターと「救命救急VR」を開発

2019年11月22日

ジョリーグッド、日本医科大高度救命救急センターと「救命救急VR」を開発

ジョリーグッドは21日、日本医科大学附属病院高度救命救急センター(日医救命)と共同で、救命救急の現場を高精細VRサービス化した「救命救急VR」を開発した、と発表した。


「救命救急VR」は、日医救命に搬送されてきた実際の患者の集中治療を、360度カメラで収録し、症例とその治療法をVR教材化した。

時間が勝負の救命救急の治療では、1人の患者に10人以上のスタッフがつき、同時に違った動きをする。

「救命救急VR」では、これまでの2Dカメラでは追いきれなかった全スタッフの動きを、高精度360度カメラで余すことなくVR化している。

救命救急の現場を360度再現していることに加え、監修する日医救命の横堀將司医師の解説とバイタルモニター画面を合成して、治療のポイントと患者の状況を細かく把握しながら、集中治療を疑似体験することができる。

また、同社は、人体モデルなどの医療教育用シミュレータを販売する「京都科学」と共同で、「救命救急VR」と教育用シミュレータ、教育用シミュレータの練習法VRとのセット販売も開始した。

トレーニング方法とポイント解説を術者目線で体験できるVRコンテンツで、繰り返し体験することで、機器や手順の理解と正確な実習イメージを醸成する。

同セットの価格は、「心配蘇生トレーニングセット」が50万5000円~、「CVCトレーニングセット」が46万円〜、「導尿トレーニングセット」が男女各32万円〜。

関連URL

「救命救急VR」詳細・申込み

日医救命

ジョリーグッド

ICTを苦手の可視化とボトムアップに活用 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
期間限定ウェビナー 無料配信中 自動生徒用端末の運用と活用のポイント GIGAスクール構想 1人1台端末を効果的に活用するには? Sky
「学びたい!」が溢れ出す navima(ナビマ) 子どもが「主役」の学びを実現するデジタル教材プラットフォーム
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • 「Chromebook」&「G Suite for Education」を活用するための学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 学校の働き方改革 先生の業務負担軽減 ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス