1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. ジョリーグッド、日本医科大高度救命救急センターと「救命救急VR」を開発

2019年11月22日

ジョリーグッド、日本医科大高度救命救急センターと「救命救急VR」を開発

ジョリーグッドは21日、日本医科大学附属病院高度救命救急センター(日医救命)と共同で、救命救急の現場を高精細VRサービス化した「救命救急VR」を開発した、と発表した。


「救命救急VR」は、日医救命に搬送されてきた実際の患者の集中治療を、360度カメラで収録し、症例とその治療法をVR教材化した。

時間が勝負の救命救急の治療では、1人の患者に10人以上のスタッフがつき、同時に違った動きをする。

「救命救急VR」では、これまでの2Dカメラでは追いきれなかった全スタッフの動きを、高精度360度カメラで余すことなくVR化している。

救命救急の現場を360度再現していることに加え、監修する日医救命の横堀將司医師の解説とバイタルモニター画面を合成して、治療のポイントと患者の状況を細かく把握しながら、集中治療を疑似体験することができる。

また、同社は、人体モデルなどの医療教育用シミュレータを販売する「京都科学」と共同で、「救命救急VR」と教育用シミュレータ、教育用シミュレータの練習法VRとのセット販売も開始した。

トレーニング方法とポイント解説を術者目線で体験できるVRコンテンツで、繰り返し体験することで、機器や手順の理解と正確な実習イメージを醸成する。

同セットの価格は、「心配蘇生トレーニングセット」が50万5000円~、「CVCトレーニングセット」が46万円〜、「導尿トレーニングセット」が男女各32万円〜。

関連URL

「救命救急VR」詳細・申込み

日医救命

ジョリーグッド

iPadの管理をもっと簡単に! 世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイス管理に携わっています。 jamf
Classi Classi連携サービス 英語4技能 探求学習 プログラミング Classi IDで利用可! まずはトライアル
映像の撮影・編集・配信が3万円から!! Z-KAI
NICA 全国ICTクラブ協会 あなたもプロになれる! Webニュースライター講座

アーカイブ

  • 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 みらいスクールステーション 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • 近畿大学付属小学校 すらら×小学校
  • Google for Education ワークショップセミナー 参加費無料 2019年11月~ 全国主要9都市にて 今すぐ申し込む チエル株式会社主催
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス