1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. ジョリーグッド、社会的スキルを統合管理できる「評価システム」を開発

2020年4月22日

ジョリーグッド、社会的スキルを統合管理できる「評価システム」を開発

ジョリーグッドは21日、発達障がい支援施設向けソーシャルスキルトレーニングVRプログラム「emou(エモウ)」で、VRによる暗黙知スキルの学習履歴を、学齢期から社会参加に至るまで統合して管理できる評価システム「マイスキルボード」を開発したと発表した。

今回、emouに搭載される「マイスキルボード」は、学齢期から社会参加まで一貫して個人のトレーニングログ(受講履歴や視点データ履歴、選択肢履歴、スコア、支援者からの評価コメントなど)を閲覧、管理できる。

また、小・中・高校の担任教員や支援施設の担当スタッフが変わってしまった場合でも、「マイスキルボード」を閲覧することで、特性などを円滑に共有することができる(共有にはユーザー本人の承諾が必要)。

「マイスキルボード」は、文科省や厚労省が掲げる「切れ目ない支援体制整備充実事業」の実現を可能にする新しい評価システムでもある。

また、新型コロナウイルスに関する「緊急経済対策」(障害保健福祉部関係)で、VRを活用したソーシャルスキルトレーニングが補助事業の対象となったが、emouは、まさにVRを活用したソーシャルスキルトレーニングで、導入する支援施設は、導入費用の一部または全てが補助される。

emouは、主に全国の発達障害支援施設に向け、VRによるソーシャルスキルトレーニング(SST)を提供。今年1月に開催された、経産省「ジャパン・ヘルスケアビジネスコンテスト2020」で優秀賞を受賞した。

関連URL

「emou」

「緊急経済対策」問合せ

ジョリーグッド

小学校でもICTへの備え 双方向の指導を実現 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
期間限定ウェビナー 無料配信中 児童生徒用端末の運用と活用のポイント GIGAスクール構想 1人1台端末を効果的に活用するには? Sky
「学びたい!」が溢れ出す navima(ナビマ) 子どもが「主役」の学びを実現するデジタル教材プラットフォーム
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • フルノシステムズのオンライン展示会 オンラインショールーム MEETUP Wi-Fi WEBセミナー 動画デモ FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 学校の働き方改革 先生の業務負担軽減 ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス