1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. ジョリーグッド、発達障がい者VR支援プログラム「emou」を開発

2019年3月18日

ジョリーグッド、発達障がい者VR支援プログラム「emou」を開発

ジョリーグッドは15日、発達障がい者向けのソーシャルスキルトレーニングVR「emou(エモウ)」を開発したと発表した。

0318-emn「emou」は、学校生活や職場などの日常生活で欠かせないソーシャルスキルを、VRのリアルな仮想空間で何度でも体験トレーニングを行うことができる、発達障がい者支援プログラム。利用者は、これまでのワークシートやロールプレイでは再現が難しかった社会生活におけるさまざまな場面を、まるで実際の空間で体験しているかのようにして何度でもトレーニングすることができる。

「emou」には学齢期向けコンテンツと就労移行期向けコンテンツの2種類がある。VRゴーグルとスマートデバイスのみのシンプルな機器構成に加え、スムーズに指導するためのセッション進行シートが付属しているので、導入後はすぐにSST VRクラスを開講することができるという。

同社では、サービスの第1弾として、全国でソーシャルスキルトレーニング(SST)を実施している就労移行支援事業や放課後等デイサービスなどの支援機関、特別支援学級を設置する小中学校向けに、SST指導プログラムの指導マニュアルを含めたパッケージ提供を開始する。

また、「emou」の最初の導入支援機関であるKaienが運営する支援施設、TEENS新宿、TEENS川崎で、SST VRスクールを開校する。さらに、18日から東京ビッグサイトで開催の「Medtec Japan」で、同プログラムの体験展示と20日には講演を予定している。

同社は、支援機関や特別支援学級のある学校の関係者向けに無料体験会を開催する。

無料体験会の開催概要

開催日時 : 3月28日(木)18:00~19:00、4月4日(木)18:00~19:00
開催場所 : ジョリーグッド〔東京都中央区日本橋堀留町1-8-11〕
申込 : 「emou」公式サイトから

関連URL

「emou」公式サイト

Medtec Japan

ICTを苦手の可視化とボトムアップに活用 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
Microsoft Officeの小学生向け学習支援ソフト こどもOffice(R) ぼくたちは、世界標準で学ぶ GIGAスクール構想にも最適です!
NICA 全国ICTクラブ協会 Webニュースライター講座 ≪オンライン開催≫ あなたもプロになれる!

アーカイブ

  • 「Chromebook」&「G Suite for Education」を活用するための学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 子供と向き合う時間を創出する 学校の新ワークスタイルをご提案! ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス