1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 発達障がい向けVRトレーニング「emou」、施設運営システムHUGと業務提携

2020年5月14日

発達障がい向けVRトレーニング「emou」、施設運営システムHUGと業務提携

ジョリーグッドが運営する発達障がい支援施設向けVRプログラム「emou(エモウ)」は13日、療育に特化した施設運営システム「HUG(ハグ)」を提供するネットアーツと業務提携すると発表した。

HUGは、1000以上の支援施設に導入されており、現在約2万人の利用者の支援計画や療育に役立つ情報などのデータを所有している。

今回の提携で、emouは、このHUGの支援計画データを、抽出・解析し、支援施設の利用者一人ひとりの課題解決を目指し、新たなソーシャルスキルトレーニングVRコンテンツを開発していく。

今後は、emouでの療育の履歴を、HUGで作成した個別支援契約とも連携させることで、利用者本人と支援者だけではなく、保護者との共有もスムーズに行っていく。

また、今回の連携を記念し、emouをお得に利用できる「初回導入キャンペーン」を、6月30日まで実施する。

すでにHUGを導入している施設、これからHUGを導入する施設に限り、通常よりお得にemouが導入できる。申込みをした施設は、emouの初期アカウント設定費が無料となるほか、VRゴーグル1台をプレゼント。月額使用料金5万円(税別)が別途必要。

emouは、対人関係や集団行動を上手に営んでいくための技能を獲得するソーシャルスキルトレーニングを、専門医の監修のもとVRプログラム化。

VRによって、場面の再現が簡単にでき、コンテンツ毎のセッション進行マニュアルをセットで提供しているおり、経験の浅い支援スタッフでも受講者に良質なトレーニングを行うことができる。

関連URL

キャンペーン詳細・申込み

「emou」

「HUG」

ネットアーツ

ジョリーグッド

小学校でもICTへの備え 双方向の指導を実現 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
「学びたい!」が溢れ出す navima(ナビマ) 子どもが「主役」の学びを実現するデジタル教材プラットフォーム
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • 「Chromebook」&「G Suite for Education」を活用するための学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 学校の働き方改革 先生の業務負担軽減 ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス