1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. ジョリーグッド、障がい支援施設の子どもたちに「VR動物園」を無料配信

2020年3月11日

ジョリーグッド、障がい支援施設の子どもたちに「VR動物園」を無料配信

ジョリーグッドとアドベンチャーワールド(和歌山・白浜町)は、新型コロナウイルスの影響で外出がままならない障がい支援施設の子どもたちに、ジャイアントパンダやイルカたちを間近で見ることができる「VR動物園」を、10日〜4月30日まで無料配信する。

ジョリーグッドの発達障がい支援VRプログラム「emou」(エモウ)の中で、アドベンチャーワールドのVR動物園を配信する。

VR動物園では、アドベンチャーワールドの動物たちを、飼育スタッフやトレーナーでなければ体験できない、超至近距離の大迫力高精細VR映像で楽しめる。「emou」を導入している施設は、「emou」アプリの中でそのままVR動物園を体験できる。

また、「emou」をまだ導入していない施設には、無料でVRゴーグルをレンタルする。

「emou」は、主に全国の発達障がい支援施設に向け、VRによるソーシャルスキルトレーニング(SST)を提供。対人関係や集団行動を上手に営んでいくための技能を獲得するSSTを、専門医の監修のもとVRプログラム化。経験の浅い支援スタッフでも、良質なトレーニングを提供できる。

「無料配信」の概要

提供期間:3月10日(火)〜4月30日(木)
対象:全国の障がい支援施設(放課後等デイサービス)
無料レンタル機器:VRゴーグル1台(無料レンタル機器には数に限りがある)
レンタル申込締切:3月31日(火)
申込み・問合わせ

関連URL

「emou」

ジョリーグッド

アドベンチャーワールド

自律的な学習者への第一歩に 自己効力感の向上 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
大塚商会のNext GIGA
AIRobot-NEWS AI・ロボットニュース

アーカイブ

  • 無線通信可視化・安定化ソリューション Tbridge
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス