1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. アルク、ビナヤマトの「EduCross」をベースにした語学学習サービス

2019年3月18日

アルク、ビナヤマトの「EduCross」をベースにした語学学習サービス

アルクは15日、ビナヤマトの株式51%を取得し、ビナヤマトが開発したLMS「EduCross」をベースに、語学学習者の自律学習の継続支援と、成果につながる学習サービスを実現する環境の提供に取り組んでいくと発表した。

0318-alアルクは、昨年9月にインターネット事業を展開するフリービットの傘下に入り、これまで以上にICTを活用した語学学習プログラムの開発に取り組む体制となった。その第1弾として、学習者の成果を上げるためにより効果的なLMS(学習管理システム)の整備を目指し、EdTech事業への本格的展開を強化することとした。

同社は、これまでのオンラインレッスン事業の開発パートナーであり、クラウド型LMS「EduCross」を持つビナヤマトの株式を取得し、自社内に開発部門を持つことで事業の加速化を図っていく。ベトナムにオフショア開発の機能を持つビナヤマトがグループに加わることで、さらなるICT化の促進が期待できるとしている。

関連URL

ビナヤマト

EduCross

世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイスを管理 Appleデバイスの管理をもっと簡単に! jamf
KDDIまとめてオフィス 教育現場のタブレット 導入実績多数!まとめてサポート
Classi活用事例 生徒のスマートフォンを利用した朝自習の取り組み
子ども向けプログラミング学習サービス ライセンス販売 出張講座・共催 ユーバー株式会社
Web展示会 プログラミング教室・ツール展 開催中

アーカイブ

  • みらいスクールステーション FUJISOFT 大型提示装置の活用がぐんと広がる! 教育ICT専用端末メディアボックス
  • すらら×アクティブラーニング実践事例
  • 4月3日(水)最新号発行!無料でお届け。 チエルマガジンお申し込み CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス