1. トップ
  2. ツール・教材
  3. 「Blackboard Learn」が紙文書をスキャンする「授業支援ボックス」と連携

2016年4月25日

「Blackboard Learn」が紙文書をスキャンする「授業支援ボックス」と連携

アシストマイクロは21日、富士ゼロックスが提供する、テストやレポートなどの紙文書をスキャンし、学習管理システム(LMS :Learning Management System)に登録する「授業支援ボックス」と、アシストマイクロが販売する学習管理システム(LMS)「Blackboard Learn」(ブラックボード・ラーン)を連携するソリューション「授業支援ボックス連携モジュール」を販売開始したと発表した。

学習管理システム(LMS)は、オンラインでのテスト・レポートを前提としており、自動採点などの利点はあるものの、期末テストなど従来のペーパーテストへの対応に弱点があった。

また、数式や図を使った解答などICT では実現が難しい答案や、手書きを重視した教育手法などに対して、授業支援ボックス連携モジュールを利用することで、アナログとデジタルの融合が可能となり、採点や学生へのフィードバックなどの教員の工数削減および学生のモチベーションの向上、授業の質向上が図れるとともに、LMSの利用率向上を支援するという。

関連URL

富士ゼロックス

アシストマイクロ

iPadの管理をもっと簡単に! 世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイス管理に携わっています。 jamf
Classi活用事例 生徒のスマートフォンを利用した朝自習の取り組み
21世紀を生き抜く力を育む 幼児からシニアまで楽しくICT+プログラミングを学べる ICTクラブ大泉学園 無料体験会開催中
EDIX2019出展者特集 掲載記事募集中

アーカイブ

  • みらいスクールステーション FUJISOFT 大型提示装置の活用がぐんと広がる! 教育ICT専用端末メディアボックス
  • すらら×アクティブラーニング実践事例
  • お試し無料! 小学生向け 漢字・計算 クラウド型デジタル教材 CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス