1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. ヒューマンリソシア、「人材採用」でインド国立工大など3 校と覚書

2019年3月18日

ヒューマンリソシア、「人材採用」でインド国立工大など3 校と覚書

ヒューマンリソシアは、IT分野でインドトップクラスの国立工業大学カルナータカ・スラスカル校(NITK)およびアッサム州の州立大学2校と、日本語教育とITエンジニアとしての日本での就業支援を共同で推進していくための覚書を締結した、と15日に発表した。

インド国立工業大学カルナータカ、スラスカル校との覚書締結式

インド国立工業大学カルナータカ、スラスカル校との覚書締結式

同社の海外の提携大学は、これでインド国内で計6校、 世界全体では7カ国計20校となった。優秀なITエンジニア輩出国のインドからの採用を拡大することで、2020年度に「海外ITエンジニア1000人体制」を構築する方針。

今回、覚書を締結したのは、インド南部のカルナータカ州に位置するNITK、北東部アッサム州の州立大学アッサム・エンジニアリング・カレッジと、ジョルハート・エンジニアリング・カレッジの計3校。

NITKは、国内31校を有するインド有数のエンジニアリングスクールである国立工業大学の中で、政府が発表するランキングでトップレベルの評価を得ている。他の2校もインド北東部で定評ある伝統校。

今回の取り組みでは、IT分野を専攻し、日本に関心を持つ学生に対して、同社が日本語教育を支援。日本語教育で30年以上の実績を持つ同社グループ会社のノウハウを活用することで、短期間で、日本企業で働くために必要な日本語コミュニケーション力の向上を図る。

卒業後は、同社が正社員として採用し国内企業のプロジェクトに派遣することで、ITエンジニアとしての日本での活躍をサポートする。

同社は、海外の優秀なITエンジニアを採用し国内企業に派遣する「GIT(Global IT Talent)サービス」を展開。2019年3月現在、世界35カ国から約500人のITエンジニアを採用しているが、急増する企業ニーズに応えるため、さらなるリクルーティングチャネル拡大を目指している。

関連URL

GITサービス

ヒューマンリソシア

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Qubena 小中5教科 全国50万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • 教育機関向けAdobe Expressを「教員研修」に組み込みませんか? 詳しくはこちら
  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • ITパスポート WEB通信講座 受講料11,000円 資格★合格クレアール
  • 私立中学・高校様向け ICT利活用サポートデスク オンラインICT支援員 【限定】無料トライアル 参加校募集 NTTLS
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス