1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. ジョリーグッド、手術室のVRライブ配信とデータ蓄積を同時実現

2020年3月28日

ジョリーグッド、手術室のVRライブ配信とデータ蓄積を同時実現

ジョリーグッドは手術室に高精細360度VRカメラを常設し、VRライブ配信とクラウドへのデータ蓄積を同時に行うシステム「オペクラウドVR」を開発した。

ジョリーグッドは日本医科大学付属病院と共同で、オペクラウドVRの運用におけるプライバシー処理や患者や家族への撮影許諾のフローを検証し、実際の医療現場への普及と定着を実現する。

オペクラウドVRを活用することで、ベテラン医師の技を手術室に入ることなく、若手医師や医学生らに体験させることが可能で、医療技術の伝達を加速する。たとえ立ち会うことができない症例でも、いつでも好きなときに体験学習することができる。

また360度どこでも見ることができるVRにより、それぞれが異なる動きをする治療スタッフの動きを、全体の流れとともにしっかり把握、確認することもができる。

ライブ配信をしない撮影データのクラウド保存のみも可能で、クラウドに保存されたアーカイブVR動画は、医師や看護師の教育や学会でのセミナーなど、様々な活用が可能。

また症例における術者目線の360度視野を共有することで他の医師との意見交換を活発にし、医療訴訟のリスク対策から医療機器メーカーとの共同研究のきっかけの醸成まで、多様な側面から医療安全と医療技術の進化を後押しする。

ジョリーグッドは、医療技術の進化普及のために、オペクラウドVRの導入を希望する病院や医科大学などの医療機関パートナーを募集している。希望する医療機関従事者は公式サイトから問い合わせる。

プラン・価格

手術室撮影配信機器 一式(高精度360度カメラ+雲台+音声レコーダー+操作タブレット+蓄積転送サーバー):350万円(税別)〜
VR体験機器 一式(VRゴーグル+操作タブレット):30万円(税別)〜
システム利用サポート料:月額 20万円(税別)〜

関連URL

オペクラウドVR

日本医科大学付属病院 高度救命救急センター

ジョリーグッド

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
学習eポータル+AI型教材 Qubena 全国100万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • GIGAスクールで育む創造性 Adobe Express | 小中高校無料 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス