1. トップ
  2. イベント・セミナー
  3. ジョリーグッド、救急医療業界の学会で最先端VR医療セミナー開催

2020年11月16日

ジョリーグッド、救急医療業界の学会で最先端VR医療セミナー開催

ジョリーグッドは、日本救急医学会が18日に開催する「第48回日本救急医学会総会・学術集会」で、救急救命や消化器外科の医療教育VRセミナーを開催する。

セミナーは、同社の医療教育プラットフォーム「オペクラウドVR」が採択された東京都の「スタートアップ実証実験促進事業」(PoC Ground Tokyo)の研究の一環として実施するもので、同社が医療VRの開発を共同で行ってきた日本医科大学から横堀將司教授を岐阜会場に、東京の進士誠一医局長を遠隔講師に迎え、岐阜会場の参加者に対しVRで臨床体験を提供する。

オペクラウドVRは、熟練医師やベテラン看護師、メディカルエンジニアなど治療現場のスタッフの視野を、常設された360度カメラで撮影・配信し、データ蓄積管理を行う総合システムソリューション。医師の働き方改革の中で、持ち帰ることができるVRが医療教育の質低下を解消し、隙間時間や自宅学習の限られた中で効率の良い学びの提供を可能にする。

独自開発の「多接続リモートVR臨床システム」は、治療スタッフそれぞれの360度視野をどこからでもVRでいっせいに臨床学習することができる。講師のタブレットアプリでは、注視してほしいポイントをタブレット上に描画することで、受講者のVR内での視線を誘導するなど、昨今の休校や臨床実習の休校の中でもスムーズなリモートVR授業を進めることができる。

11月18日~20日の学会会期中は、展示エリアにてVR臨床実習の体験展示を行う。

関連URL

「オペクラウドVR」

日本救急医学会総会・学術集会HP

ジョリーグッド

自律的な学習者への第一歩に 自己効力感の向上 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
AIRobot-NEWS AI・ロボットニュース

アーカイブ

  • 無線通信可視化・安定化ソリューション Tbridge
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス