1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. AI×アダプティブラーニング「すらら」、Google for Educationと連携

2019年12月5日

AI×アダプティブラーニング「すらら」、Google for Educationと連携

すららネットは4日、Google for Educationと連携したと発表した。

これにより、学習者、学習管理を行う教員・指導者、保護者は、AI×アダプティブラーニング「すらら」のID・パスワードを入力することなく、「すらら」各画面にログインできるようになり、学習者の利便性向上や、教員のアカウント管理工数の大幅削減が実現する。

具体的には、生徒は、Google for Educationから「すらら」学習画面に直接ログインし学習することができる。

教員・指導者は、Google for Educationから「すらら」学習管理画面に直接ログインし、自校生徒の学習状況を確認し、生徒の課題管理や学習進捗の確認、サポートを行うことができる。

また、保護者は、Google for Educationから「すらら」保護者画面に直接ログインし、子どもの学習進捗の確認を行うことができる。

「Chromebook」を活用すると、起動時の立ち上がりが速く、またキーボードとタッチパネルを学習内容によって使い分けることができるなど学習者の操作性も向上することから、今後も「すらら」と「Chromebook」の組み合わせによりICT学習環境を整備する学校が増えていくことが予想される。

Google for Educationは、Google社の教育プログラムの総称で、Google Chrome OSを搭載し教育現場でも人気の高い「Chromebook」、学校教育に必要なツールをクラウドベースで管理できるツールキット「G Suite for Education」、教師と児童生徒のための学習管理システム「Google Classroom」がある。

今回のアップデートでは、G Suite for Educationのアカウントを用いた「すらら」へのシングルサインオン連携機能(SSO連携)を実装し、生徒の利便性や管理者の管理効率の大幅向上を実現した。

関連URL

「G Suite for Education」

「Chromebook」

「Google Classroom」

すらら

AI x アダプティブラーニング 低負荷で個別最適の学びを実現 すらら 活用事例はこちら
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
期間限定ウェビナー 無料配信中 児童生徒用端末の運用と活用のポイント GIGAスクール構想 1人1台端末を効果的に活用するには? Sky
「学びたい!」が溢れ出す navima(ナビマ) 子どもが「主役」の学びを実現するデジタル教材プラットフォーム
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • 「Chromebook」&「G Suite for Education」を活用するための学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 学校の働き方改革 先生の業務負担軽減 ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス