1. トップ
  2. データ・資料
  3. POL、理系学生が就職先として注目する企業ランキングを発表

2019年12月13日

POL、理系学生が就職先として注目する企業ランキングを発表

採用サービス「LabBase(ラボベース)」を運営するPOLは12日、理系学生246人を対象に実施した、「就職先として注目している企業」などに関するアンケート調査の結果をまとめ発表した。


それによると、理系学生が就職先として注目している企業の1位はソニー、2位は富士フィルム、3位はパナソニック・野村総合研究所という結果になった。

以下、ベスト10までを見ると、5位:トヨタ自動車、6位:アクセンチュア、7位:三菱重工・デンソー、9位:旭化成、10位:AGCとなっている。

上位に大手メーカーやコンサルティングファームが並んでいるのが特徴的で、「LabBase」利用企業も14社がランクインしていた。

また、専攻分野ごとに、注目企業1位にあげられた企業をピックアップすると、「情報系専攻」はNTTドコモ、「電気・電子工学専攻」ソニー、「機械工学専攻」三菱重工、「化学専攻」三菱ケミカル。1社に人気が集中しているわけではなく、希望がバラついているのも特徴的だった。

就職先を選ぶ上で重要視している観点を質問したところ、「自分のスキルや専攻が活かせるか」と「年収」を重視する学生がともに6割を超えた。一方で、「海外勤務の可能性」「研修の充実度」を重視する割合は低かった。

これを専攻分野別に見ると、化学専攻者は「年収」を重視する割合が61.7%と高かった。

また、上位1項目以外の項目で比較すると、情報系と機械工学を専攻する学生は「勤務地」を重視する割合が高く、化学・生物学を専攻する学生は「ワークライフバランス」を重視する割合が高かった。

一方、「就職したくないと感じる企業の特徴」を聞いたところ、「自由度が低く業務に無駄の多い典型的な日本企業」、「人事の態度が悪い」、「残業が多い」、「将来性がない、または低い」、「給料、年収が低い」などの意見が出た。

この調査は、理系学生(学部3年〜博士課程3年)246人を対象に、10月23日〜31日にかけて実施した。

関連URL

アンケート調査結果の詳細

POL

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Qubena 小中5教科 全国50万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • 教育機関向けAdobe Expressを「教員研修」に組み込みませんか? 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス