1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. Globee、AI英語教材アプリ「abceed」の最新バージョンをリリース

2019年12月17日

Globee、AI英語教材アプリ「abceed」の最新バージョンをリリース

Globeeは16日、同社のAI英語教材アプリ「abceed(エービーシード)」の最新バージョンを、11月にリリースしたと発表した。

iOS版abceedの最新バージョンは、これまでのTOEIC学習に特化したUI・UXを見直し、TOEFL、英検、英会話などの学習にも対応できる汎用的なデザインに刷新。

さらに、ウィズダム英和・和英辞典、abceedユーザー間の全国模試機能、オリジナル教材機能なども追加した。2020年春には、スピーキング対策機能およびandroid版のリリースも予定している。

abceedは、スマホによるスキマ時間の活用および学習継続を促すことで、学習量を大幅に高め、良質な学習コンテンツとAIによるレコメンドで学習効率を最大化する。

TOEIC L&R TEST PART1〜7までの形式に沿ったクイズや単語クイズ、シャドーイング、ディクテーション、スラッシュリーディングなど約20種類の様々なトレーニング法に対応し、200を超える人気英語教材コンテンツにアクセスすることができる。2019年10月時点で、アカウント登録者数は90万人を超えている。

シャドーイングは音声を聞き、即座に復唱するトレーニング法で、ディクテーションは聞き取った音声をテキストとして書き取るトレーニング法。また、スラッシュリーディングは英語の文章を意味のかたまりに分割し読み取るトレーニング。

Abceedには、様々な問題の解答データや問題コンテンツを活用し英語学習をさらに効率化する「abceed AI」によるスコア予測、レコメンド機能が実装されている。

具体的には、90万人・1億問以上の解答データをもとにTOEICスコアをリアルタイム予測することができ、その精度は誤差6%を実現。

また、AIがユーザーの解答データに基づき、2万問以上の中から最適な問題をレコメンドし、効率よく弱点を克服し目標達成へと導く。実際に、1日平均30問の学習で1カ月にTOEIC予測スコアが平均96点アップしていることが確認されているという。

関連URL

「abceed」

Globee

ICT活用による公立校の学力向上大作戦 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
期間限定ウェビナー 無料配信中 自動生徒用端末の運用と活用のポイント GIGAスクール構想 1人1台端末を効果的に活用するには? Sky
「学びたい!」が溢れ出す navima(ナビマ) 子どもが「主役」の学びを実現するデジタル教材プラットフォーム
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • 「Chromebook」&「G Suite for Education」を活用するための学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 学校の働き方改革 先生の業務負担軽減 ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス