1. トップ
  2. 学校・団体
  3. 超教育協会、1人1台端末整備へ向けた「調達仕様案」を公表

2019年12月28日

超教育協会、1人1台端末整備へ向けた「調達仕様案」を公表

超教育協会は27日、文部科学省の調達ガイドラインに基づき、技術開発動向及び海外の教育現場の標準も踏まえて、整備すべきICT環境の目安として「調達仕様案」を提示・公表した。

学校ICT化がOECD最低水準という状況を脱することを目指し、2023年までに1人1台の情報端末とネットワークを整備することが、政府の経済対策に盛り込まれた。

これを的確かつ円滑に実行するため、今回、同協会は、「調達仕様案」を文科省とも調整しながら取りまとめた。

「調達仕様案」では、①生徒用端末②教育クラウド③端末管理システム④セキュリティ対策ソフト⑤環境復元システム⑥学習アプリ⑦授業支援システム⑧通信ネットワークおよびセキュリティの8分類について、それぞれの概要や価格などの構成を詳しく説明している。

また、教育におけるクラウド活用のイメージ、利点及び考慮すべき点についてもまとめ、公表した。

関連URL

「調達仕様案」

「クラウド活用イメージと利点および考慮すべき点」

超教育協会

iPadの管理をもっと簡単に! 世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイス管理に携わっています。 jamf
Classi 「どんな生徒を育てたいですか?」 生徒の無限の可能性を引き出す具体的な場面と手法、教員のあり方 長崎南山中学校・高等学校講演 2/4(火) WEB開催
プログラミングを子どもに教えたい大人向け1日講座 毎月開催 ユーバー株式会社

アーカイブ

  • 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 みらいスクールステーション 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • わせがく高等学校 すらら×通信制
  • Google for Education ワークショップセミナー 参加費無料 2019年11月~ 全国主要9都市にて 今すぐ申し込む チエル株式会社主催
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス