1. トップ
  2. 学校・団体
  3. 高校生主催「人の最大の力を競う数学の大会」実施でクラウドファンティング

2019年12月28日

高校生主催「人の最大の力を競う数学の大会」実施でクラウドファンティング

関西学院高等部数理科学部と立教池袋中高校数理研究部は27日、来年3月に東京と大阪で開催予定の「人の最大の力を競う数学の大会」(C-AMC2020:Computer-Aided Math Competition2020)の実施に向けたクラウドファンディングを開始した。

クラウドファンディングは、2020年2月3日まで実施し、目標金額は33万円。集まった資金は大会運営に使用する。リターンでは、関西学院高等部数理科学部オリジナルキャラクターのグッズが贈られる。

同大会は、日本初となる、計算機の使用(パソコン使用可能、プログラミング言語利用可能)を認める「解き方の手段を制限しない数学の大会(競技)」で、高校生たちが主催。

50分間(予定)で中学入試・算数オリンピックレベルの問題を解き、その速さと正確性を競う。

この際、問題を解く方法を手計算に制限せず、コンピュータによる各種プログラミングを用いた解法も可能とする。ただし、ネットを使用して問題を検索し、答えを探すのは禁止。

年齢や職業の制限はなく、子供から大人まで(小学生から大学生、社会人など)誰でも参加でき、優秀者には後援企業から賞品が贈呈される。

開催概要

■関東大会
開催日時:2020年3月22日10:00~18:00
開催会場:ニフクラウンジ[東京都中央区銀座7-16-12 G-7ビルディング(受付2階)]
■関西大会
開催日時:2020年3月29日11:00~17:00
場所:関西学院大学大阪梅田キャンパス[大阪市北区茶屋町19-19アプローズタワー14階]

関連URL

「クラウドファンディング」

「人の最大の力を競う数学の大会」

関西学院高等部数理科学部

立教池袋中高校数理研究部

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Qubena 小中5教科 全国50万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • 教育機関向けAdobe Expressを「教員研修」に組み込みませんか? 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス