1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. スポーツアプリ「Player!」、「Ruby bizグランプリ2019」で特別賞を受賞

2019年12月28日

スポーツアプリ「Player!」、「Ruby bizグランプリ2019」で特別賞を受賞

Ookamiは27日、同社のスポーツエンターテイメントアプリ「Player!」が、Rubyを活用したビジネス事例を表彰する「Ruby biz GRAND Prix 2019」で特別賞を受賞した、と発表した。

Player!は現在、年間で2万試合以上のスポーツの試合を速報し、月間約300万人が利用している。試合の速報データだけではなく、試合中にコメントや喜怒哀楽を表すエモーションという機能を使うことで、ユーザー同士がコミュニケーションを取れるのが特徴。

また、メジャースポーツだけではなく、学生・マイナースポーツにも注目し、今まで埋もれていた熱狂や感動を届けることで新しいスポーツライフを提供している。

Rubyならではの柔軟なフレームワークや素早い開発を可能にするという特徴を最大限生かして開発し、社会にインパクトを与える事業と評価され、12月12日に開催された「Ruby biz GRAND Prix 2019」で特別賞を受賞した。

同グランプリは、プログラミング言語Rubyの特徴を活かして、新たなサービスを創出しビジネスを継続的に展開している事例を顕彰するイベントで、実行委員会事務局(島根県商工労働部産業振興課情報産業振興室)が主催。

Rubyによるビジネス展開の優位性を国内外に広くPRし、Rubyでのビジネスチャンスのさらなる拡大を目指している。

Player!は、スポーツの「リアル」を体験できるスマホアプリ。感動のあの「一瞬」を見逃すことなく、ライブの熱狂を語り合いながら、スポーツを身近に楽しむことができる。自分の興味にあったニュースやスケジュールもまとめてチェックできる。

関連URL

Player!

(App Store)

「Ruby biz GRAND Prix」

AI x アダプティブラーニング 低負荷で個別最適の学びを実現 すらら 活用事例はこちら
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
GIGAスクール構想 標準仕様書スペックに対応したタブレット端末が登場 Sky安心GIGAタブレット Windows10 Office 365搭載 Sky
GIGAスクールでの表現活動に。 Adobe Spark 詳しくはこちら Adobe
Adobe Creative Cloud 一人年間500円以下 Adobe Creative Cloud 小中高向け 詳しくはこちら Adobe
NICA 全国ICTクラブ協会 《オンライン開催》 あなたもプロになれる! Webニュースライター講座

アーカイブ

  • 「GIGAスクール構想」に最適なアクセスポイントとは? 成功のカギは、Wi-Fiから FURUNO SYSTEMS
  • 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 みらいスクールステーション 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 国内メーカーならではの手厚い対応/無償保証 「GIGAスクール構想」対応ネットワークソリューション AlaxalA
  • vmware GIGAスクール構想に対応した MDM VMware Workspace ONE
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス