1. トップ
  2. 教育行政・入札
  3. 青森県庁、議事録作成業務の削減で「クラウド型AIソリューション」を採用

2020年1月10日

青森県庁、議事録作成業務の削減で「クラウド型AIソリューション」を採用

イグアスは9日、同社のクラウド型AI議事録作成支援ソリューション「AI Minutes for Enterprise」の採用を、全国の自治体で初めて青森県庁が決定したと発表した。

同ソリューションは、IBMのAIである「IBM Watson」を活用。イグアスは今回、パートナーの吉田システムと協業し、同ソリューションの導入を支援した。

同県庁では、同ソリューションの2020年度本格導入を目指し、昨年11月19日~今年3月31日までの期間、同県総務部行政経営管理課を中心に全庁内で活用し、使い勝手や効果を検証していく。

同ソリューションは、IBM Watsonの「Speech to Text」機能で自然言語を処理し、マイクを通じて話者の言葉をリアルタイムにテキスト化。編集クライアントによって、複数人で編集でき、これまでの長時間の議事録作成時間を大幅に削減する。

また、トランスレーター機能で、話し言葉を35カ国語に同時翻訳でき、外国人が参加する会議でも有効なコミュニケーションツールになる。議事録のテキストデータは、IBMクラウドサーバーにセキュアに保管される。

同県庁では、同ソリューションを活用し、議事録をAIに自動作成させることで、大幅な時間短縮を実現する考え。

また、同県では今後、内部業務の議事録作成だけでなく、聾学校、郷土館などの教育部門での学習・理解支援や観光客対応部門での外国語翻訳支援などの県民に対するサービスや福祉の向上にも、同ソリューションを活用。音声や言語に関わる格差の解消という行政課題の解決を目指すという。

関連URL

AI Minutes for Enterprise」

イグアス

ICTを苦手の可視化とボトムアップに活用 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
期間限定ウェビナー 無料配信中 児童生徒用端末の運用と活用のポイント GIGAスクール構想 1人1台端末を効果的に活用するには? Sky
子どもが「主役」の学びを実現するデジタル教材プラットフォーム デジタルドリル+学び合いツール “自分”で学ぶ 学びを“支える” “一緒”に学ぶ navima(ナビマ) 詳細はこちら
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • 「Chromebook」&「G Suite for Education」を活用するための学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 学校の働き方改革 先生の業務負担軽減 ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス