1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. Appier、2020年以降のAIトレンド予想をチーフAIサイエンティストが発表

2020年1月10日

Appier、2020年以降のAIトレンド予想をチーフAIサイエンティストが発表

Appier(エイピア)は9日、同社のチーフAIサイエンティストで台湾国立精華大学准教授のミン・スン氏による、2020年以降のAIの実用に関する予測を発表した。

ミン・スン氏

予測1:AIは人間が提示した目標達成に向けて自ら行動できるようになる。現状では、AIによるデータ分析後、経営者や事業責任者、マーケティング担当者などがAIの示したデータをもとに次の作業を決定しているが、2020年以降は、ディープラーニングが高度化することで、少量のデータからでも精度の高い学習・分析が可能となり、AIが自ら次の行動を決定する能力を持つことが期待される。

予測2:人工知能と人間のインテリジェンスを組み合わせた最適なコラボレーションが実現される。従来のAIは、定量化が可能な1つもしくは複数の目標を人間が手動で組み合わせることで学習訓練を受けてきたが、新しいAIは、複数の目標を最適化し、目標間のトレードオフを探求するように学習することができる。人間はこのように学習させたAIが特定のトレードオフで動作するように制御することで、人間中心のAI技術の実現が可能になるとしている。

予測3:分散学習が進歩する。データを効果的に活用するには、最適なデータを収集、管理、アクセシビリティおよび統合する技術や環境を整備しなければならず、テキスト、動画、画像、音声などさまざまなフォーマットのデータが大量に生成されているなか、企業や政府が情報を共有するための効果的なデータエコシステムの開発が求められる。そのため、種類や量がばらばらの既存のデータから、複数のGPUを活用して最適な学習を可能とする分散学習の能力がますます大切になっていくると考えられる。

関連URL

Appier Japan

AI x アダプティブラーニング 低負荷で個別最適の学びを実現 すらら 活用事例はこちら
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
期間限定体験コース開設 CLICK! 非営利型一般社団法人 Just-learning

アーカイブ

  • フルノシステムズのオンライン展示会 オンラインショールーム MEETUP Wi-Fi WEBセミナー 動画デモ FURUNO SYSTEMS
  • みらいスクールステーション 学校内の密集回避や分散授業に みらスクで感染症対策! FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 国内メーカーならではの手厚い対応/無償保証 「GIGAスクール構想」対応ネットワークソリューション AlaxalA
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス