1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 聴覚障がい者支援アプリ「こえとら」、改良を加えて利便性を向上

2020年1月21日

聴覚障がい者支援アプリ「こえとら」、改良を加えて利便性を向上

フィートは20日、手話や筆談を使わずに、聴覚障がい者と健聴者とのコミュニケーションを実現する、同社の聴覚障がい者支援アプリ「こえとら」を改良して利便性を向上させたと発表した。

「こえとら」は、情報通信研究機構(NICT)が研究開発に取り組む「音声」を「文字」に変換する音声認識技術と、「文字」を「音声」に変換する音声合成技術をベースにして、スマホ向けに開発されたアプリ。

同社は、NICTから技術移転を受け、これまでにiOS版、iPad版、およびAndroid版を提供。また、英語版「KoeTra」(iOS版)も配信。「こえとら」と「KoeTra」のダウンロード総数は、今年1月時点で18万回を達成した。

今回の改良では、「横画面(ランドスケープ)」表示(iPad版)と、「履歴会話の再使用」に対応できるようにした。

「こえとら」のユーザインターフェースは縦向き画面(ポートレート)表示が基本だったが、縦向き画面固定では、利用者はキーボードが小さく文字入力の操作性に不便さを感じることなどがあった。

そこで今回、「横画面」表示にも対応。画面の横回転に応じてユーザインターフェースが切り替わり、文字入力の操作性と文字読み取りの視認性が高まることから、利用シーンを選ばずアクティブにユーザビリティが異なる縦横画面を選べるようになった。

また、「履歴会話の再使用」では、会話を繰り返して使う状況に対応。「履歴を見る機能」から、直前に使われてきた会話が再び使用できるようになった。さらに、一部のユーザインターフェースを改良したことで、コミュニケーションがよりスムーズになり、利用者の利便性が向上した。

関連URL

「こえとら」アプリ

フィート

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
リモートワークで使用するPCのセキュリティ対策できてますか? Yubi Plusで対策する! 先生方にもテレワークを! Yubi Plus
Classi 導入事例 客観的データに基づく学習指導 佐賀県立致遠館中学校・高等学校
jamf jamfは100を超える自治体で採用! Appleデバイス管理なら CLICK
オンライン授業・学習支援システム TeacherView

アーカイブ

  • 資料請求 無料体験 朝日小学生新聞 朝日中高生新聞 デジタル for School
  • 学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)活用パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • マルチプラットフォーム辞書 DONGRI 活用事例集プレゼント!
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 訴求力をUPさせるワンランク上の提案書 無料セミナー実施中! Out-Sourcing! Technology
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス