1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 聴覚障がい者支援アプリ「こえとら」、改良を加えて利便性を向上

2020年1月21日

聴覚障がい者支援アプリ「こえとら」、改良を加えて利便性を向上

フィートは20日、手話や筆談を使わずに、聴覚障がい者と健聴者とのコミュニケーションを実現する、同社の聴覚障がい者支援アプリ「こえとら」を改良して利便性を向上させたと発表した。

「こえとら」は、情報通信研究機構(NICT)が研究開発に取り組む「音声」を「文字」に変換する音声認識技術と、「文字」を「音声」に変換する音声合成技術をベースにして、スマホ向けに開発されたアプリ。

同社は、NICTから技術移転を受け、これまでにiOS版、iPad版、およびAndroid版を提供。また、英語版「KoeTra」(iOS版)も配信。「こえとら」と「KoeTra」のダウンロード総数は、今年1月時点で18万回を達成した。

今回の改良では、「横画面(ランドスケープ)」表示(iPad版)と、「履歴会話の再使用」に対応できるようにした。

「こえとら」のユーザインターフェースは縦向き画面(ポートレート)表示が基本だったが、縦向き画面固定では、利用者はキーボードが小さく文字入力の操作性に不便さを感じることなどがあった。

そこで今回、「横画面」表示にも対応。画面の横回転に応じてユーザインターフェースが切り替わり、文字入力の操作性と文字読み取りの視認性が高まることから、利用シーンを選ばずアクティブにユーザビリティが異なる縦横画面を選べるようになった。

また、「履歴会話の再使用」では、会話を繰り返して使う状況に対応。「履歴を見る機能」から、直前に使われてきた会話が再び使用できるようになった。さらに、一部のユーザインターフェースを改良したことで、コミュニケーションがよりスムーズになり、利用者の利便性が向上した。

関連URL

「こえとら」アプリ

フィート

ICTを苦手の可視化とボトムアップに活用 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
子どもが「主役」の学びを実現するデジタル教材プラットフォーム デジタルドリル+学び合いツール “自分”で学ぶ 学びを“支える” “一緒”に学ぶ navima(ナビマ) 詳細はこちら
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • 「Chromebook」&「G Suite for Education」を活用するための学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 学校の働き方改革 先生の業務負担軽減 ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス