1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. メディカルラボ、AI活用アプリ「医学部受験生のための英単語」27校舎で導入

2020年1月30日

メディカルラボ、AI活用アプリ「医学部受験生のための英単語」27校舎で導入

キョーイクは、医学部受験で出題頻度が高い医学・自然科学系英単語の記憶・定着を目的とした、AI活用型学習アプリ「医学部受験生のための英単語」を、同社の医系専門予備校「メディカルラボ」の全国27校舎で、2月から本格導入する。

アプリ画面イメージ

同予備校のプロ講師が厳選した約4000語を収録したオリジナルコンテンツを基に、生徒1人ひとりの習熟度や忘却度に応じて、AIが出題の頻度や形式、難易度を調整・最適化することで、記憶の確実な定着を図る。

記憶の定着度をリアルタイムで「見える化」し、生徒の「やる気」の維持や講師のコーチングにも役立つ。

同予備校の最大の強みである「1対1の完全個別授業」で培ってきた「人間的な触れ合い」に、AIの知能を加えた新たな試みとして取り組んでいく。

AIを活用したeラーニングシステムの導入で、記憶度がテスト結果に応じてその都度スマホ・タブレット上で更新され、生徒本人も講師も記憶度・忘却度の閲覧ができる。

同予備校では、昨年秋から、全生徒の3〜4割が段階的に同アプリを活用。本格導入と並行して、実際に活用した生徒と活用していない生徒の記憶度・忘却度の差などを検証し、コンテンツなどを改善していく。

将来的には、「医学部受験向け英単語記憶・定着コンテンツ」として、同予備校に限らず外部普及も視野に入れながら、積極的に展開していく考え。

関連URL

キョーイク

ICT活用による公立校の学力向上大作戦 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
期間限定ウェビナー 無料配信中 児童生徒用端末の運用と活用のポイント GIGAスクール構想 1人1台端末を効果的に活用するには? Sky
子どもが「主役」の学びを実現するデジタル教材プラットフォーム デジタルドリル+学び合いツール “自分”で学ぶ 学びを“支える” “一緒”に学ぶ navima(ナビマ) 詳細はこちら
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • 「Chromebook」&「G Suite for Education」を活用するための学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 学校の働き方改革 先生の業務負担軽減 ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス