1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 学習アプリ「Monoxer」、医系専門予備校「メディカルラボ」の全校舎で導入

2020年1月31日

学習アプリ「Monoxer」、医系専門予備校「メディカルラボ」の全校舎で導入

モノグサの提供する記憶定着のための学習アプリ「Monoxer」は29日、キョーイクホールディングスが展開する医系専門予備校「メディカルラボ」の全校舎で導入されることになったと発表した。

日本唯一の全国ネットワークを有し、 医系専門予備校として合格者数No.1(「医学部予備校ナビ」調べ)のメディカルラボは、これまで「プロ講師による1対1の完全個別指導」を強みとして、医学部・歯学部受験の合格実績を積み上げられてきた。

一方で、医学部入試の英語は、自然科学系の論文や医学系の長文の出題頻度が高いため、試験に出てくる英単語の偏りや、医学系の意味で使われる特殊な意味や表現があるなど、既存の教材ではカバーしづらいという課題感があった。

また、英単語をはじめとする記憶活動については「学習結果しかわからず、学習状況がわからない」「記憶が曖昧な単語がどれかわからない」「記憶の可視化が困難でコーチングができない」といった課題もあった。

Monoxerだと、オリジナル教材が簡単に作成可能であり、かつ、作成した教材について、生徒の学習状況と記憶状況が可視化できるため、今回の導入に至ったという。

メディカルラボとモノグサは、Monoxerの問題自動生成機能を活用して、私立全31大学医学部の過去8年分、国公立全51大学・単科医科大学の過去3年分の入試問題を解析。

解析によって得られた情報をもとに、メディカルラボのプロ英語講師による精査を行い、新たに医学部受験に特化した英語対策教材をMonoxer上でリリースした。これによって、授業時間ではなかなかサポートしきれなかった、医学部受験に特化した記憶定着の領域でも、生徒の学習をサポートすることが可能になったという。

今後はMonoxerでの学習状況・記憶状況を活用して、 生徒のモチベーションアップや講師によるコーチング、 「記憶」を介した生徒と講師の新たなコミュニケーションの推進などにも取り組んでいきます。
また、 将来的には「医学部受験向け英単語の記憶定着コンテンツ」として、 メディカルラボ内部に限らず、 外部普及も視野に入れながら、 積極展開を図っていく考えです。

関連URL

メディカルラボ

「Monoxer」

iPadの管理をもっと簡単に! 世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイス管理に携わっています。 jamf
Classi連携サービス 英語4技能 探求学習 プログラミング 他多数 Classi IDで利用可! まずはトライアル
ICTクラブ大泉学園 情報活用能力を育む STEAM系「21世紀コース」 プログラミングだけじゃない!

アーカイブ

  • 「GIGAスクール構想」に最適なアクセスポイントとは? 成功のカギは、Wi-Fiから FURUNO SYSTEMS
  • 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 みらいスクールステーション 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • 近畿大学付属小学校 すらら×小学校
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス