1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 記憶定着アプリ「Monoxer」、個別指導塾「ベスト個別学院」の全校舎で導入

2020年3月26日

記憶定着アプリ「Monoxer」、個別指導塾「ベスト個別学院」の全校舎で導入

モノグサは25日、同社の、記憶定着のための学習アプリ「Monoxer(モノグサ)」が、Global Assistが運営する、小・中・高生向け個別指導塾「ベスト個別学院」の全校舎で導入されることになった、と発表した。

同塾では、英語・国語・理科・社会の演習問題を「Monoxer」に取り込み、通塾時は塾に設置されているタブレットで、家庭学習時は生徒自身もしくは保護者のスマホで学習を進めている。

紙やアナログでの演習と比較して、どの学力層でも演習量が大きく増える、記憶の定着にかかる時間が短くなるなど、生徒も積極的に学習に取り組んでいる。

また、学習データがクラウドで管理されているため、教室と家庭での学習を一気通貫でマネジメントすることができ、家庭での学習状況に応じて、通塾時のカリキュラムを柔軟に変えるなど、データに基づいた個別指導を推進している。

今後は、学習状況だけでなく、「Monoxer」が算出する記憶度を活用して、これまで以上に生徒一人ひとりに最適な個別指導の体制を構築していく意向だという。

同塾は、東北地方を中心に全国98校舎以上の個別指導塾を運営。「Monoxer」導入前に、宿題ノートでの管理の徹底など、学習マネジメントに取り組んでいたが、「生徒がいつのタイミングで、どのぐらいの時間を学習したか分からない」、「学習のプロセス・結果が分からない」という新たな課題が発生。

「Monoxer」は、アプリ上で学習するため、学習データがそのまま集計・解析される。そのため、正確な学習状況と学習プロセス、そこから導き出される定着度が可視化されることから、同塾は一部校舎でのトライアルを経て、今回、全校舎での導入を決定した。

関連URL

「Monoxer」

「ベスト個別学院」

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
学習eポータル+AI型教材 Qubena 全国100万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • 探究型の学びに最適! Adobe Express | 小中高校無料 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス