1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 記憶定着学習アプリ「Monoxer」、九州最大手の学習塾「英進館」が導入

2020年3月27日

記憶定着学習アプリ「Monoxer」、九州最大手の学習塾「英進館」が導入

モノグサは26日、同社の記憶定着のための学習アプリ「Monoxer(モノグサ)」が、九州地方最大手の学習塾「英進館」の小学部・中学部の全校舎で導入されることになった、と発表した。

同塾は、小学生・中学生・高校生向けの学習塾で、在籍生徒数は3万7000人以上。独自の教材・指導システムで、合格実績・生徒数ともに西日本ではトップクラス。

昨年、小学部の一部校舎で「Monoxer」のトライアルを実施したところ、知識定着で、これまでの紙のプリントを使った学習よりも高い学習効果を確認できた。

また、トライアル後の継続利用について保護者アンケートを実施したところ、継続希望が94.4%と高く、今回の「全校舎導入」となった。

同塾では、オリジナル教材を「Monoxer」に搭載し、生徒の通常授業や入試対策での知識事項の定着をサポートしていく。具体的には、小学部では理科・社会・国語といった、知識定着が重要な科目から開始する予定。

中学部では、英語に関して、単語・スピーキング・ディクテーションといった、「Monoxer」の機能を最大限に活用し、総合的に英語力を伸ばすための独自のカリキュラム・教材を作成・提供していく。

「Monoxer」は、AIを活用した記憶定着のための「eラーニングシステム・学習アプリ」。
教師が覚えてほしい内容を登録するだけで、記憶するために必要な問題が自動で作成され、生徒は作成された問題をスマホやタブレットのアプリで学習する。

関連URL

Monoxer

英進館

AI x アダプティブラーニング 低負荷で個別最適の学びを実現 すらら 活用事例はこちら
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
SHARP BIG PAD Capmus 「GIGAスクール」時代に欠かせないツール 電子黒板とは?
GIGAスクール構想実現のポイントは? Ciscoならネットワークからセキュリティまで CISCO
NICA 全国ICTクラブ協会 あなたもプロになれる! Webニュースライター講座

アーカイブ

  • 「GIGAスクール構想」に最適なアクセスポイントとは? 成功のカギは、Wi-Fiから FURUNO SYSTEMS
  • 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 みらいスクールステーション 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス