1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. SSKなど3社、小学生向けのセンサー内蔵「IoT対応軟式野球ボール」4月発売

2020年3月27日

SSKなど3社、小学生向けのセンサー内蔵「IoT対応軟式野球ボール」4月発売

エスエスケイ(SSK)、内外ゴム、アクロディアの3社は26日、IoTに対応した9軸センサー内蔵軟式野球ボール「テクニカルピッチ軟式J号球」の開発を完了し、4月1日に発売すると発表した。

この製品は、軟式野球ボールの内部にセンサーを内蔵し、投球時の球速、回転数、回転軸、球種などが計測できる。

計測結果は、専用アプリを使いスマホで分析できる。大きさ・重量・表面ゴム材質は、公認J号球と同等。

3社は、2019年12月に中学生・一般向けの「テクニカルピッチ軟式M号球」を発売。好評だったことから、今回、小学生用のJ号球を開発・販売することにした。

テクニカルピッチ軟式球は、動画や解析データを活用することで、身体的に発達途上の小学生が自身の特徴や理想のフォームを認識できるだけでなく、投球数も管理でき、過度な練習の抑制でケガの防止にも繋がる。

今まで見えなかった回転数や回転軸などを数値で可視化でき、感覚に頼らない指導・トレーニングができ、投手の育成・コンディション管理に役立てられる。

また、KDDIとアクロディアが提供するスポーツIoTプラットフォーム「athleːtechアスリーテック)」に登録すれば、テクニカルピッチJ号球・M号球・硬式球のどのボールでも測定データの引き継ぎができ、子どもから大人までの成長プロセスが記録できる。

「テクニカルピッチ軟式J号」は、本体質量127.2~130.8g、本体外形寸法は直径68.5~69.5mm、表面の素材は天然ゴム、充填材は合成ゴムの発泡体で、本体価格2万7500円(税別)。4月1日から全国のスポーツ店店頭で販売。

関連URL

「テクニカルピッチ軟式J号球」

エスエスケイ

自律的な学習者への第一歩に 自己効力感の向上 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
AIRobot-NEWS AI・ロボットニュース

アーカイブ

  • 無線通信可視化・安定化ソリューション Tbridge
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス