1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. LoiLo、GIGAスクール構想実現のため「ロイロノート・スクール」1年間無料キャンペーン

2020年1月31日

LoiLo、GIGAスクール構想実現のため「ロイロノート・スクール」1年間無料キャンペーン

LoiLoは31日、GIGAスクール構想の展開を見据え、授業支援クラウド「ロイロノート・スクール」を全国の自治体におけるすべての学校が1年間無料で利用できる『とりあえずロイロ』キャンペーンを開始すると発表した。


GIGAスクール構想では、児童・生徒向けの1人1台学習用端末について上限4.5万円が助成される。一方で、授業支援ソフト等の有償ソフトウェアは助成の対象外となる見込み。しかし、端末の導入のみでは、授業での効果的な活用が難しいことが明らかであり、せっかく導入した端末が活用に至らぬ可能性がある。

保存容量を気にせずに使える学習用クラウド、安全に利用するためのWebフィルタ、どんな人でも直感的に操作できる使いやすさ、学習者中心・双方向型の授業へと導く優れた機能、 思考力・判断力・表現力の育成に役立つシンキングツール。必要なものはすべてロイロノート・スクールに備わっているという。

そこでLoiLoは考えた。LoiLoの目標である「ICTが当たり前に使われている学校」を実現するために、必要な経費はさておき、ロイロノート・スクールをとりあえず全国の全自治体すべての学校で使い始めてもらうことはできないか。

無料期間の利用だけでもいい。学校現場で本当に必要なものを見つけて出して欲しい。そんな思いからLoiLoは、GIGAスクール構想を実現するために、今回のキャンペーンを考えたという。

キャンペーン詳細

・GIGAスクールで助成された 全国の自治体におけるすべての学校で1年間無料で利用出来る。利用開始時期は相談。
・公立高等学校も対象。
・EdTech導入実証事業との併用で最大2年間無料 になる可能性がる。
・各校の代表者やICT支援員を集めた集合研修を無料で実施。
・無料期間のみで終了した場合でもペナルティはなし。
・県全体、市全体のボリューム割引で購入した場合にも、1年無料を含めることができる。 (5年調達でしたら、4年分の料金でご購入可能 )

□対象/応募条件
〈対象〉次のすべてを満たす必要がある。
1.GIGAスクール構想の端末助成を受けた自治体
2.GIGAスクール構想の端末助成で導入する新規端末のみが対象。
〈応募条件〉実践レポートを各校1つ提出する。

申込・問合せ

関連URL

ロイロノート・スクール

ICT活用による公立校の学力向上大作戦 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
期間限定ウェビナー 無料配信中 自動生徒用端末の運用と活用のポイント GIGAスクール構想 1人1台端末を効果的に活用するには? Sky
子どもが「主役」の学びを実現するデジタル教材プラットフォーム デジタルドリル+学び合いツール “自分”で学ぶ 学びを“支える” “一緒”に学ぶ navima(ナビマ) 詳細はこちら
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • フルノシステムズのオンライン展示会 オンラインショールーム MEETUP Wi-Fi WEBセミナー 動画デモ FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 学校の働き方改革 先生の業務負担軽減 ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス