1. トップ
  2. 学校・団体
  3. 「CO.NECT東大ブロックチェーン学生起業家支援プログラム」の応募を受付け

2020年2月4日

「CO.NECT東大ブロックチェーン学生起業家支援プログラム」の応募を受付け

東京大学大学院・工学系研究科ブロックチェーンイノベーション寄付講座は3日、学生を対象とした、ブロックチェーン技術を使った事業開発支援プログラム「第4回CO.NECT東京大学ブロックチェーン学生起業家支援プログラム」の応募を、3月1日まで受付けると発表した。

このプログラムでは、参加学生は4月~8月の約4カ月半の期間中、自身でブロックチェーン技術に関連した事業の立案、またそれを実現するためのサンプルソフトウェアの開発に取り組む。

学生はチームまたは個人で応募でき、期間中、参加学生(チーム)は人的サポート、環境サポート、資金サポートの3つのサポートを受けられる。

人的サポートは、上場企業、ベンチャーキャピタル、ベンチャー企業、Tech系企業、ブロックチェーン専門企業、法律家などで構成されるパートナー企業、協力企業・団体から事業立案、アプリ開発など様々なアドバイスを受けることができる。

環境サポートでは、東大本郷キャンパス内にある専用スペースの使用権が与えられる。この専用スペースは、グループワークで使用できるスペースのほか、完全個室で知的活動に集中できるスペースが提供される。

また、資金サポートでは、参加チームに、プログラム期間を通して最大90万円の報酬が支払われる。個人の場合の報酬額は、最大で45万円。

さらに、報酬とは別に、10万円の予算も与えられる。参加学生は、この予算をプログラム期間中に自身の事業計画立案、アプリケーション開発のために使用できる。

応募概要

応募資格:参加期間中、学生(大学生・大学院生・専門学生・高校生・高専生・・・)であること。東大生に限らず、ブロックチェーンでの技術開発・事業開発を志す学生を募集。チームまたは個人で応募
採用人数:5チーム程度
早期応募締切り:2月16日(日)24:00
応募締め切り:3月1日(日)24:00
応募方法

関連URL

東京大学ブロックチェーンイノベーション寄付講座・事務局

AI x アダプティブラーニング 低負荷で個別最適の学びを実現 すらら 活用事例はこちら
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
SHARP BIG PAD Capmus 「GIGAスクール」時代に欠かせないツール 電子黒板とは?
GIGAスクール構想実現のポイントは? Ciscoならネットワークからセキュリティまで CISCO
NICA 全国ICTクラブ協会 あなたもプロになれる! Webニュースライター講座

アーカイブ

  • 「GIGAスクール構想」に最適なアクセスポイントとは? 成功のカギは、Wi-Fiから FURUNO SYSTEMS
  • 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 みらいスクールステーション 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス