1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. F@IT Kids Club、「ジュニア・プログラミング検定」を採用

2020年2月4日

F@IT Kids Club、「ジュニア・プログラミング検定」を採用

富士通ラーニングメディアは3日、同社の子ども向けプログラミング教室「F@IT Kids Club(ファイトキッズクラブ)」が、サーティファイが主催・認定する「ジュニア・プログラミング検定」のScratch(スクラッチ))部門を、9日から採用すると発表した。

同検定は、プログラミングを学ぶ子どもを対象とした資格試験で、「Scratch」によるプログラミングスキルを認定する試験。

Entry(4級)、Bronze(3級)、Silver(2級)、Gold(1級)の4つのレベルごとに定められたScratchブロックの役割や特徴を活用する力を評価する。

試験は、Scratchで使用するブロックの知識を問うだけではなく、実際にScratchを使用してゲームなど1つの作品を完成させる実践的な内容。受験者は、制限時間内にプログラムを制作する。

設問の指示に従って作品を作るだけでなく、自由に独自の発想を加え、そのアイデアを説明する「アレンジ問題」も全級で出題。

また、Silver(2級)やGold(1級)などの上位級では、あらかじめ作られたプログラムを修正する使用変更も出題され、他者が作ったプログラムを理解し、修正するスキルも問われる。

同検定は、「F@IT Kids Club」の品川校、燕三条校、長岡西校、新潟万代校、二俣川校、朝霞台駅前校、渋谷校、荏原校、宮崎校で採用。品川校、燕三条校、長岡西校、新潟万代校開催の受験は、同スクール生のみ受付けており、一般の申し込みは受付けていない。

関連URL

F@IT kids Club

富士通ラーニングメディア

サーティファイ

AI x アダプティブラーニング 低負荷で個別最適の学びを実現 すらら 活用事例はこちら
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
SHARP BIG PAD Capmus 「GIGAスクール」時代に欠かせないツール 電子黒板とは?
GIGAスクール構想実現のポイントは? Ciscoならネットワークからセキュリティまで CISCO
プログラミングを子どもに教えたい大人向け1日講座 毎月開催 ユーバー株式会社

アーカイブ

  • 「GIGAスクール構想」に最適なアクセスポイントとは? 成功のカギは、Wi-Fiから FURUNO SYSTEMS
  • 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 みらいスクールステーション 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス