1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. F@IT Kids Club、「ジュニア・プログラミング検定」を採用

2020年2月4日

F@IT Kids Club、「ジュニア・プログラミング検定」を採用

富士通ラーニングメディアは3日、同社の子ども向けプログラミング教室「F@IT Kids Club(ファイトキッズクラブ)」が、サーティファイが主催・認定する「ジュニア・プログラミング検定」のScratch(スクラッチ))部門を、9日から採用すると発表した。

同検定は、プログラミングを学ぶ子どもを対象とした資格試験で、「Scratch」によるプログラミングスキルを認定する試験。

Entry(4級)、Bronze(3級)、Silver(2級)、Gold(1級)の4つのレベルごとに定められたScratchブロックの役割や特徴を活用する力を評価する。

試験は、Scratchで使用するブロックの知識を問うだけではなく、実際にScratchを使用してゲームなど1つの作品を完成させる実践的な内容。受験者は、制限時間内にプログラムを制作する。

設問の指示に従って作品を作るだけでなく、自由に独自の発想を加え、そのアイデアを説明する「アレンジ問題」も全級で出題。

また、Silver(2級)やGold(1級)などの上位級では、あらかじめ作られたプログラムを修正する使用変更も出題され、他者が作ったプログラムを理解し、修正するスキルも問われる。

同検定は、「F@IT Kids Club」の品川校、燕三条校、長岡西校、新潟万代校、二俣川校、朝霞台駅前校、渋谷校、荏原校、宮崎校で採用。品川校、燕三条校、長岡西校、新潟万代校開催の受験は、同スクール生のみ受付けており、一般の申し込みは受付けていない。

関連URL

F@IT kids Club

富士通ラーニングメディア

サーティファイ

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
先生方の負担にならない 校務用PCの二要素認証ログイン 指タッチだけで簡単ログイン リモートアクセスも簡単にできる! 詳しくはこちら YubiPlus
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
ニュース記事の作成・提供 膨大なリリースから最適なネタを選択し記事化して廉価で提供 取材記事も作成可能 WANITEL Web-News Writing Service

アーカイブ

  • 資料請求 無料体験 朝日小学生新聞 朝日中高生新聞 デジタル for School
  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス