1. トップ
  2. STEM・プログラミング
  3. 「STEAM教育」知っている親は45% =イー・ラーニング研究所調べ=

2020年2月6日

「STEAM教育」知っている親は45% =イー・ラーニング研究所調べ=

イー・ラーニング研究所は5日、子どもを持つ全国の20~50代の親179人を対象に実施した「STEAM教育に関する意識調査アンケート」の結果をまとめ発表した。

それによると、「STEAM教育を知っているか」との質問では、「はい」が45%、「いいえ」が55%で、約半数がSTEAM教育を知っていることが分かった。

また、STEAM教育の各分野の関心の有無を調査したところ、各分野ともに80%以上が「ある」「ややある」と回答しており、満遍なく関心度が高いことが伺える。

STEAM=(Science(科学)、 Technology(技術)、 Engineering(工学)、Mathematics(数学)で、関心が「ある」と答えた人を分野別にみると、科学分野51.9%、技術分野55.6%、工学分野43.2%、芸術分野61.7%、数学分野54.3%で、芸術分野がSTEAM教育の分野で最も関心を集めていた。

「STEAM教育は将来に必要だと思うか」との質問には、87%が「はい」、13%が「いいえ」と回答。約9割がSTEAM教育は将来に必要であると思っていることが分かった。

デジタル化が進んでいく時代に合わせ、子どもたちがシステムの動く原理原則を理解できる能力やクリエイティブな思考を育めるよう、専門の知識や技術を学べるSTEAM教育が必要と考えているようだ。

この調査は、子どもがいる20~50代の親(男女計179人)を対象に、昨年12月3日~今年1月9日にかけて、「紙回答方式」で実施した。

関連URL

イー・ラーニング研究所

AI x アダプティブラーニング 低負荷で個別最適の学びを実現 すらら 活用事例はこちら
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • 「GIGAスクール構想」に最適なアクセスポイントとは? 成功のカギは、Wi-Fiから FURUNO SYSTEMS
  • みらいスクールステーション 学校内の密集回避や分散授業に みらスクで感染症対策! FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 国内メーカーならではの手厚い対応/無償保証 「GIGAスクール構想」対応ネットワークソリューション AlaxalA
  • vmware GIGAスクール構想 文科省標準仕様に対応した MDM
  • BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス