1. トップ
  2. 学校・団体
  3. JeSU、eスポーツの発展に向けて「e活研」報告書をWeb公開

2020年3月16日

JeSU、eスポーツの発展に向けて「e活研」報告書をWeb公開

日本eスポーツ連合(JeSU)は13日、経済産業省委託事業として開催した「eスポーツを活性化させるための方策に関する検討会(e活研)」の報告書をWebサイトに公開した。

e活研では、eスポーツに詳しい有識者や、今後eスポーツの発展に伴って効果の波及が想定される産業領域の企業・団体などから選ばれた16名の委員で、昨年9月から5回にわたり、eスポーツを活性化させるための方策を議論してきたが、このたび、その討議の結果をまとめた報告書を公開した。

それによると、国内eスポーツの直接市場の長期目標を2025年に600億~700億円としている。さらに、この目標にとどまらず、2025年以降も市場規模を拡大させる余地があることを確認した。エコシステム領域における経済活動、波及領域へ及ぼす経済効果を含めた全体の長期目標は、2025年に2850億~3250億円とした。

また、長期的な日本のeスポーツ市場の成長に向けた提言のまとめに加え、スポーツ庁が「第2期スポーツ基本計画」で定義する「スポーツの価値」をフレームとして、社会的意義の実現に向けた提言をまとめた。

合わせて、今後も検討していく事項および未来に向けたメッセージを、ゲームタイトルの利用・許諾に関するガイドラインの必要性、共生社会や地方創生の実現に向けたeスポーツ情報の発信拠点の整備、eスポーツの持つ教育的価値の探索とそれを支えるエビデンスの取得の3つをキーワードとして整理した。

JeSUでは、検討会における成果を多くの人に知ってもらうため、JeSU地方支部と連携し、全国を巡回してのセミナーを4月以降順次開催していく。

関連URL

「e活研」報告書

日本eスポーツ連合

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
学習eポータル+AI型教材 Qubena 全国100万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • GIGAスクールで育む創造性 Adobe Express | 小中高校無料 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス