1. トップ
  2. データ・資料
  3. 保育所職員の80%以上が「新型コロナウイルスで多忙に」 =コドモン緊急アンケート=

2020年3月23日

保育所職員の80%以上が「新型コロナウイルスで多忙に」 =コドモン緊急アンケート=

コドモンは、同社のこども施設向けICTソフト「コドモン」を利用している全国の保育施設を対象に実施した「新型コロナウイルス感染拡大の状況下における保育所運営への影響について」と題する緊急アンケートの結果をまとめ、19日に発表した。

それによると、「新型コロナウイルスの発生で、自身の勤務状況にどのような影響が出たか」との質問には、「少し忙しくなった」53.1%、「とても忙しくなった」27.3%と、全体の80.4%が「忙しくなった」と答えた。「変わらない」は19.2%。

「具体的にどのような業務が増加したか」の質問には、「保護者へのお知らせ対応」(83%)、「変更・中止する行事についての対応」(78%)、「感染防止のための情報収集」(77%)などの複数の項目について全回答者の約80%が増加したと回答。

「施設やおもちゃの消毒作業」(52%)、「毎朝の検温(保護者に依頼)」(49%)は約50%の施設で増加との結果が出た。複数の業務が同時に増加していることが予想される。

また、「新型コロナウイルスの影響で現在起きている問題を教えて」との質問には、「マスク不足」(83%)、「消毒液や消毒布などの不足」(76%)、「行事などの中止」(68%)の3つが群を抜いて多かった。厚労省が3月13日に「備蓄マスクの放出」に関する通達を出しているが、保育の現場には行き届いていないようだ。

問題に対し、「どんな工夫をしているか」と尋ねたところ、「最新の情報を収集するように努めている」、「体調不良の園児・生徒は早めに帰宅させる」などの複数の項目で70~80%の回答があった。

保育現場の職員が、同時に複数の点に配慮して業務にあたっており、負担が増加していることがうかがえる。

「あれば嬉しい支援」を聞いたところ、「消毒・衛生用品(マスクなど)の支援」が92%と2位の回答の約2倍の多さだった。2位以下は、「保護者からの支援(検温への協力)」(47%)、「最新の情報にアクセスしやすくなるための支援」(38%)などが続いた。

このアンケート調査は、「コドモン」を利用する全国の保育施設・職員を対象に、3月13日18:00~18日11:00にかけて、メール案内・WEB回答方式で実施。245件の回答があった。

関連URL

調査結果の詳細

コドモン

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
リモートワークで使用するPCのセキュリティ対策できてますか? Yubi Plusで対策する! 先生方にもテレワークを! Yubi Plus
Classi 導入事例 客観的データに基づく学習指導 佐賀県立致遠館中学校・高等学校
jamf jamfは100を超える自治体で採用! Appleデバイス管理なら CLICK
ニュース記事の作成・提供 膨大なリリースから最適なネタを選択し記事化して廉価で提供 取材記事も作成可能 WANITEL Web-News Writing Service

アーカイブ

  • 資料請求 無料体験 朝日小学生新聞 朝日中高生新聞 デジタル for School
  • 学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)活用パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • クラウド授業支援 ビデオ会議機能を搭載! TeacherView
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 訴求力をUPさせるワンランク上の提案書 無料セミナー実施中! Out-Sourcing! Technology
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス